TOP >大川隆法著作 > ウクライナ発・世界経済とアジアの危機

  • 新着

ウクライナ発・世界経済とアジアの危機

・著者
大川隆法
1,760 円(税込)
・四六判 379頁
・発刊日
2022-07-08
・在庫
アリ
・発送日目安
1~3営業日後

・通常配送無料 詳細

数量:
カゴに入れる
現実化する世界恐慌と
国防の危機……

日本はどうすれば、
生き残れるのか!?


食料・エネルギー不足】【インフレ】【超円安
岸田総理をはじめバイデン米大統領、
ユン韓国新大統領、モディ印首相など
世界の指導者たちの守護霊霊言から、
ウクライナ戦争が引き起こす、
世界的危機の本質が見えてくる。


◆岸田総理の「新しい資本主義」は
 国民と企業の資産を狙う「国家社会主義」?
◇軍事産業から景気回復をめざす!?
 バイデン政権は経済政策の失敗で崩壊?
◆クアッドは失敗し、機能しなくなる!?
 米国に失望するインド、豪は親中に
◇ロシア、中国、北朝鮮――
 日本が直面する軍事的三正面作戦



■■ 岸田文雄の人物紹介 ■■
1957年~。自由民主党の政治家。東京都生まれ。早稲田大学法学部を卒業後、日本長期信用銀行に勤務。1987年に自民党代議士の父・文武の秘書となる。父の死去に伴い、地盤であった広島から衆議院議員選挙に出馬し、初当選。内閣府特命担当大臣、党国会対策委員長等を歴任。安倍内閣では長期にわたり外務大臣を務めた。2021年、内閣総理大臣に就任。党内では穏健派を自認し、現・宏池会会長。

■■ ジョセフ・ロビネット ・バイデン・ジュニアの人物紹介 ■■
1942年~。アメリカの政治家。民主党所属。第46代アメリカ合衆国大統領。ペンシルベニア州生まれ。デラウェア大学卒、シラキュース大学ロースクール卒。1972年、29歳で上院議員に初当選後、6期務める。88年の大統領予備選では、英議員の演説を盗用したことが発覚して辞退。2008年、再び大統領選に出馬して敗れるも、オバマ氏の指名で副大統領に就任。その後、2020年の大統領選挙に再度出馬し当選。2021年1月20日、第46代アメリカ合衆国大統領に就任した。通称「ジョー・バイデン」。

■■ スティーブン・バノンの人物紹介 ■■
1953年~。アメリカ合衆国バージニア州生まれ。海軍将校を経て、ハーバード大学でMBAを取得。投資銀行や映画製作に携わり、2012年に保守系のインターネットニュースサイト「ブライトバート・ニュース」会長に就任。2016年の米大統領選では、トランプ陣営の選挙対策最高責任者を務める。2017年1月にドナルド・トランプ前大統領の首席戦略官に任命されるも、同年8月に更迭。しかし、今もトランプ氏と頻繁に連絡を取り合う関係にあるとされる。

■■ 尹錫悦の人物紹介 ■■
1960年~。韓国第20代大統領、元検事総長。ソウル大学法学部卒業。司法試験に9回挑戦し、91年に合格。94年に検事となる。朴槿惠政権の疑惑を徹底的に捜査した。2019年、文在寅政権で検事総長に抜擢される。2021年、政権との対立により検事総長を辞職し、次期大統領選への出馬を宣言。「国民の力」に入党し、公認候補に指名される。保守層を中心に支持を広げ、2022年3月、大統領選で与党「共に民主党」の李在明を僅差で破り、当選した。

■■ ナレンドラ・モディの人物紹介 ■■
1950年~。インドの政治家。グジャラート州出身。グジャラート大学で政治学を学ぶ。1974年、ヒンズー至上主義を掲げる民族奉仕団(RSS)に入団。87年にインド人民党(BJP)に入党し、書記、幹事長等を経て、2001年にグジャラート州首相となり、同州の急速な経済成長等に貢献。2014年の総選挙でBJPが勝利し、インド首相に就任。2019年の総選挙でも圧勝し、首相に再任される。

■■ 藤原帰一の人物紹介 ■■
1956年~。国際政治学者、元・東京大学大学院法学政治学研究科教授。東京都出身。幼少期をニューヨーク近郊で過ごす。麻布高校、東京大学法学部(坂本義和ゼミに所属)、同大学大学院に学び(博士課程単位取得退学)、その間、イェール大学大学院にも留学した。千葉大学法経学部助教授、東京大学社会科学研究所助教授などを経て、1999年、東京大学法学部教授等に就任した。2022年3月に定年退職。現在は、東京大学未来ビジョン研究センター客員教授。映画マニアでもある。


◇◇ 霊言・守護霊霊言とは ◇◇
「霊言現象」とは、あの世の霊存在の言葉を語り下ろす現象のことをいう。これは高度な悟りを開いた者に特有のものであり、「霊媒現象」(トランス状態になって意識を失い、霊が一方的にしゃべる現象)とは異なる。外国人霊の霊言の場合には、霊言現象を行う者の言語中枢から、必要な言葉を選び出し、日本語で語ることも可能である。

また、人間の魂は原則として六人のグループからなり、あの世に残っている「魂のきょうだい」の一人が守護霊を務めている。つまり、守護霊は、実は自分自身の魂の一部である。したがって、「守護霊の霊言」とは、いわば本人の潜在意識にアクセスしたものであり、その内容は、その人が潜在意識で考えていること(本心)と考えてよい。

目次

コラム

農産物も資源も輸入に頼る日本
大混乱時代をどう生き抜くのか

 
コラム挿絵『ウクライナ発・世界経済とアジアの危機』
ロシア-ウクライナ戦争が長引くなか、日本、アメリカ、インド、韓国の首脳など6人の守護霊霊言が発刊された。岸田首相が早々にウクライナ支援を表明した理由、バイデン大統領の来日目的、モディ首相によるクアッド失敗の真相……こうした本音から浮かび上がるのは、マスコミ報道とは異なる世界像であり、大不況や覇権争いといった混乱の時代の到来だ。とくにロシアと対立した日本は、いままさに亡国の危機に直面していることを痛感させられる。

お客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

商品情報

ウクライナ発・世界経済とアジアの危機

・著者
大川隆法
1,760 円(税込)
・四六判 379頁
・発刊元
幸福の科学出版
・ISBN
978-4-8233-0369-2
・発刊日
2022-07-08
・在庫
アリ
・発送日目安
1~3営業日後
ご注文が集中した場合は、出荷までに
お時間をいただくことがございます

・通常配送無料 詳細

数量:
カゴに入れる