TOP >大川隆法著作 > メシアの法

  • ベストセラー

メシアの法

「愛」に始まり「愛」に終わる

・著者
大川隆法
2,200 円(税込)
・四六判 329頁
・発刊日
2021-12-09
・在庫
アリ
・発送日目安
1~3営業日後

・通常配送無料 詳細

数量:
カゴに入れる
地球を(まも)る者の声

救世主が、いま
日本に降臨している。
「真理」と「幸福」を
説き明かしている。
そして、世界の混乱を
終わらせようとしている。


待望のメシア降臨を告げる
「法シリーズ」最新刊。


届け――あなたへ。全世界へ。


メシアとは何か、救世主とは
どのような存在なのか

〇神の目から見た21世紀
 地球の危機と人類のあるべき姿
〇慈悲と正義の神「エローヒム」
 地球における善悪の価値基準
〇イエス、洪秀全、J・レノン、マンデラ
 過去のメシア運動とその悲劇
〇人類に初めて明かされる
 霊的覚醒の地「シャンバラ」の秘密
〇地球が、魂修行の場という真実
 主なる神を信じ、愛することの大切さとは


香港と台湾を護れ――
日本と世界の平和を護るカギ

〇香港と台湾の次は、尖閣・沖縄へ
 日本の植民地化もありうる!?
〇新型コロナは中国の生物兵器
 見抜かなければ第二、第三の被害が!
〇AI全体主義は人権侵害につながる
 GAFAによる監視資本主義の危険性
〇グレタ氏は中国に利用されている!?
 脱炭素に隠された西側先進国の没落戦略

目次

まえがき

第1章 エローヒムの本心
    ──善悪を分かつ地球神の教え
 1 「地球的善悪」の起源とは
 2 神の法を見失った現代の「善悪」の難しさ
 3 未来を見据え、「言うべきこと」を言う日本であれ
 4 二十一世紀、全体主義の危険に気づき、自由のために戦え
 5 「人類八十億人の時代」の救世主の仕事は重い

第2章 今、メシアが語るべきこと、なすべきこと
   ──人類史の転換点にある地球への指針
 1 「現代のメシア」が降臨した二十世紀の時代背景とは
 2 強国による侵略の歴史と「メシア」
 3 原爆投下がもたらした地球の転換点とは
 4 世界の平和を護る「本当のメシアの仕事」とは
 5 地球神の目から見て「共産主義」はなぜ危険なのか
 6 現代のメシアが人類に「今、なすべきこと」を語る

第3章 メシアの教え
   ──「神の言葉」による価値観を変える戦い
 1 神に選ばれし者「メシア」を見分ける困難さ
 2 歴史に見るメシアと地上権力との「価値観」の戦い
 3 現代でメシアの教えを混乱させる勢力について
 4 現代に必要なメシアの教えとは

第4章 地球の心
   ──人類に霊的覚醒をもたらす「シャンバラ」
 1 「シャンバラ」という地球の秘密について
 2 メシアになるためのイニシエーション
 3 「シャンバラの心」を取り戻すために
 
第5章 メシアの愛
   ──魂の修行場「地球」における愛のあり方
 1 「この世の仕組み」からメシアの存在理由を考える
 2 人間が魂経験のなかで見失ってはならないものとは
 3 この世の常識と信仰の戦い
 4 「主なる神」の愛を知り、伝えよ

あとがき

お客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

  • 新たな創業の時

     あくまでも、時代や国の柱となるものは、宗教や道徳という精神的支柱ではないだろうか。これが確固としてある時には、時代や国は発展、繁栄の流れに乗っていく。しかし、発展、繁栄の流れのなかで、外面的なるもの、表面的なるもの、物質的なるものばかりに目が向くようになり、根本的なるものである宗教や道徳が軽んじられるようになってくる傾向がある。学問であっても、宗教や道徳の学びは軽んじられ、より具体的なもの、より実用的なものを重視して学ばれるようになる。そうなると、時代や国は、様々な混乱が起きるようになり、衰退へと向かっていく。

     まさに今の日本は、時代の末期の様相を呈してきているのではないか。今の日本は、宗教や道徳が徹底的に軽んじられている風がある。国の指導層においても、宗教や道徳を尊ぶ風はほとんど見られないし、また、庶民の間においても、そういうことが話題になるということはほとんど皆無である。そして、様々な混乱が生じてきており、全く収拾がつかない状況になりつつあるのではないか。これは新たな創業をしない限り混乱は収まらないように思う。

    2022/05/07 潮目が変わる時さんからの投稿 おすすめレベル:★★★★★

  • 今こそ人類に善悪を問うべき

    私は数多くの宗教について独学しています。
    人間と神は、どのような形で付き合って行くべきか。
    常日頃、その考えが頭の中にありました。
    幸福の科学の観点は、なかなかに興味深かったです。
    誰しもが知っているつもりだった善悪の判断は、既に壊滅している。
    今こそ人類に善悪を問うべきなのではないでしょうか。

    2022/05/07 新潟県/30代/男性さんからの投稿 おすすめレベル:★★★★★

  • いつも心から感謝しております。

    コロナ問題や昨今の社会状勢とを照らし合わせながら、多種多様なテーマと歴史的偉人の教えや哲学的視点について学ぶことができ、大変勉強になりました。あらゆる宗教の根本と人類が持ち合わせた博学精神にふれることができ、とても為になりました。

    2022/03/26 神奈川県/50代/女性さんからの投稿 おすすめレベル:★★★★★

  • とても胸をつかれた

    ここまで中国やロシアの事を一般人にも分かるように書かれた書物は無いと思う。先生の御本は初めて拝読したが、とても胸をつかれるような内容ばかりで、先生の法話をぜひ拝聴したいと思いました。ありがとうございました。

    2022/03/26 茨城県/50代/女性さんからの投稿 おすすめレベル:★★★★★

  • 読んでいて、背筋が凍るような気分になりました。

    世界的規模、宇宙的規模、今の地球全部、世界全体の危機について述べられていました。もういい加減に、日本も目を覚まさなければ本当に国が滅んでしまいかねません。メシアの力を信じると共に、一人一人が信仰の力を備えなければいけないと痛感しました。

    2022/03/22 埼玉県/60代/男性さんからの投稿 おすすめレベル:★★★★★

  • 特に4章は圧巻

     特に4章は、いきなりエベレスト級の山が眼前に現れたかのような高みを感じた。少しばかりは心の教え、霊的な教えを知ったようなつもりになっていたが、まだまだ奥なるものがあるのだと感じた。少しでもそうした教えに触れられるよう改めて心の精進を深めてゆかねばと思った。またこれほどの教えが一般向けに、誰でも読めるように開示されたということも驚きである。

    2022/01/10 真理の一灯さんからの投稿 おすすめレベル:★★★★★

  • これからも学ばせて頂きたいと願うばかりです。

    近未来型思考による内容に深い興味をおぼえながら読みすすめています。内容も面白く、現実的に捉えられた側面と幻想的主観とが逢交し得た部分も多く不思議に気持ちも大きく揺れ動きました。

    2021/12/30 茨城県/40代/男性さんからの投稿 おすすめレベル:★★★★★

  • メシアの深い愛を実感し、神を愛すること。

    メシアの深い愛を実感し、神を愛すること。
    そして、隣人を愛すること。人生の途上で出会う人に愛を与えていくことが神への信仰を実践しているということであるということが深く心に残りました。
    あとがきから神様の愛が溢れていました。

    2021/12/25 千葉県/10代/男性さんからの投稿 おすすめレベル:★★★★★

全て見る (件)

商品情報

メシアの法

「愛」に始まり「愛」に終わる

・著者
大川隆法
2,200 円(税込)
・四六判 329頁
・発刊元
幸福の科学出版
・ISBN
978-4-8233-0313-5
・発刊日
2021-12-09
・在庫
アリ
・発送日目安
1~3営業日後
ご注文が集中した場合は、出荷までに
お時間をいただくことがございます

・通常配送無料 詳細