TOP >大川隆法著作 > ウクライナ問題を語る世界の7人のリーダー

  • 先行/予約

ウクライナ問題を語る世界の7人のリーダー

・著者
大川隆法
1,760 円(税込)
・四六判 462頁
・発刊日
2022-05-28
※全国書店は、発刊日より順次発売です
・在庫
アリ
・発送日目安
1~3営業日後

・通常配送無料 詳細

数量:
カゴに入れる
このままでは、
ウクライナが
世界戦争への
引き金になる。


【緊急発刊 守護霊霊言】
世界の指導者の本心を
読み解き、報道だけでは
わからない問題と危機の
本質に迫る――。
そこから世界戦争を
回避する道と、
日本の担うべき
役割が明らかになる。


◇バイデンがロシアを
 悪者に仕立てる真意とは
◆アメリカのウクライナへの
 莫大な武器供与の意味
◇世界戦争の火付け役は、
 ゼレンスキーなのか?
◆ドイツとフランスは
 ウクライナの
 EU加盟をどう思う?
◇ロシアと欧米との板挟みと
 コロナに苦しむ中国
◆戦争だけでなく
 深刻な「世界恐慌」が
 起こる可能性も



最も恐れるべきは、
ウクライナにアメリカ製の
核ミサイルが並び、
世界戦争になること――

日本は、いまこそ
停戦の仲介をすべき。



■■ ウラジーミル・プーチンの人物紹介 ■■
1952年~。ロシアの政治家。レニングラード大学法学部を卒業後、旧ソ連のソ連国家保安委員会(KGB)等を経験。エリツィン政権の末期に首相となった後、「強いロシア」を掲げて大統領を二期(2000~2008年)務める。いったん首相に戻ったが、2012年3月、18年3月の大統領選に共に勝利し、通算四期目の大統領に就任。親日派であり、柔道家としても知られる。

■■ ジョセフ・ロビネット ・バイデン・ジュニアの人物紹介 ■■
1942年~。アメリカの政治家。民主党所属。第46代アメリカ合衆国大統領。ペンシルベニア州生まれ。デラウェア大学卒、シラキュース大学ロースクール卒。1972年、29歳で上院議員に初当選後、6期務める。88年の大統領予備選では、英議員の演説を盗用したことが発覚して辞退。2008年、再び大統領選に出馬して敗れるも、オバマ氏の指名で副大統領に就任。その後、2020年の大統領選挙に再度出馬し当選。2021年1月20日、第46代アメリカ合衆国大統領に就任した。通称「ジョー・バイデン」。

■■ ウォロディミル・ゼレンスキーの人物紹介 ■■
1978年~。ウクライナ第6代大統領。元俳優、コメディアン。キエフ国立経済大学法学部卒業後、プロのコメディアンを目指す。友人たちと劇団を結成し、テレビ番組制作会社を設立。バラエティー番組や映画等で成功を収めた。特にテレビドラマ「国民の僕」では、高校教師が大統領に転身する役を演じ、知名度を高める。2019年ウクライナ大統領選挙では、汚職の撲滅やウクライナ東部紛争の終結等を公約に掲げ、決選投票で約73パーセントの得票率を獲得し、圧勝した。

■■ エマニュエル・マクロンの人物紹介 ■■
1977年~。フランスの政治家。第25代フランス大統領。パリ第十大学で哲学修士号取得。パリ政治学院、国立行政学院を卒業後、財務監察官となる。2007年、24歳上のブリジット夫人と結婚。2008年、ロスチャイルド系の銀行に入行。2012年からオランド前大統領の側近を務め、2014年、経済・産業・デジタル大臣に就任。「経済の機会均等・経済活動・成長のための法律」(通称「マクロン法」)を提出し、発効される。2017年、39歳でフランス史上最年少の大統領に就任。2022年大統領選に勝利し、再選。

■■ ドナルド・トランプの人物紹介 ■■
1946年~。アメリカの政治家、実業家。共和党に所属。第45代アメリカ合衆国大統領。ニューヨーク市生まれ。1968年、ペンシルベニア大学卒業後、不動産業を営む父親の会社に入り、1971年、経営権を与えられる。1983年、「世界一豪華なビル」トランプ・タワーをニューヨーク五番街に建てたのをはじめ、不動産開発やホテル、カジノ経営などで大成功して巨万の富を築き、「不動産王」と呼ばれる。2017年1月20日、第45代アメリカ合衆国大統領に就任。2020年の大統領選で半数近くの票を取るものの再選を逃す。

■■ 習近平の人物紹介 ■■
1953年~。中華人民共和国の政治家。いわゆる太子党(党高級幹部の子弟グループ)の一人。福建省長、上海市党委員会書記、党中央政治局常務委員等を経て、2008年に国家副主席に就任。2012年、胡錦濤の後継として、党総書記、中央軍事委員会主席の座に就く。2013年、全国人民代表大会で国家主席、国家中央軍事委員会主席に就任した。

■■ オーラフ・ショルツの人物紹介 ■■
1958年~。ドイツの政治家。第九代首相。17歳で社会民主党(SPD)に入党。ハンブルク大学で法律学を専攻し、卒業後は弁護士として労働関連の弁護に従事。1998年の連邦議会選挙で初当選。2007年にはメルケル第一次政権に、労働・社会大臣として入閣。2011年からはハンブルク市長を7年間務めた後、2018年発足の第4次メルケル政権で副首相と財務大臣を兼任。2021年9月の連邦議会選挙の結果を受けて、12月に首相に指名された。


◇◇ 霊言・守護霊霊言とは ◇◇
「霊言現象」とは、あの世の霊存在の言葉を語り下ろす現象のことをいう。これは高度な悟りを開いた者に特有のものであり、「霊媒現象」(トランス状態になって意識を失い、霊が一方的にしゃべる現象)とは異なる。外国人霊の霊言の場合には、霊言現象を行う者の言語中枢から、必要な言葉を選び出し、日本語で語ることも可能である。

また、人間の魂は原則として六人のグループからなり、あの世に残っている「魂のきょうだい」の一人が守護霊を務めている。つまり、守護霊は、実は自分自身の魂の一部である。したがって、「守護霊の霊言」とは、いわば本人の潜在意識にアクセスしたものであり、その内容は、その人が潜在意識で考えていること(本心)と考えてよい。

目次

まえがき

第1章 ロシア・プーチン大統領守護霊の霊言
     ─ロシアの覚悟と日本への警鐘─

第2章 アメリカ・バイデン大統領守護霊の霊言(1)
    ─神から見放された男の戦慄の本音─
 1 “ロシア潰し”にこだわるバイデン大統領の「本音」
 2 中国よりロシアを「悪」にしたい理由
 3 すべては「選挙対策」のためなのか

第3章 ウクライナ・ゼレンスキー大統領守護霊の霊言
    ─世界を大戦に巻き込む“英雄”の主張─

第4章 フランス・マクロン大統領守護霊の霊言
    ─再選後の胸中とフランスの使命─
 1 再選直後に現れた仏・マクロン大統領守護霊
 2 現在のフランスの立場と日本へのアドバイス
 3 目指すは「ヨーロッパのバランサー」

第5章 アメリカ・バイデン大統領守護霊の霊言(2)
    ─ロシア潰しを狙うアメリカの戦略─
 1 「プーチン悪魔説」を唱えるバイデン氏守護霊
 2 “民主主義こそ神”とする本心に迫る
 3 ロシアを倒そうとする真の目的
 4 ロシアが核を使ったら、どうするか

第6章 アメリカ・トランプ前大統領守護霊の霊言
    ─アメリカの使命とウクライナ問題解決への提言─
 1 バイデン氏とゼレンスキー氏をどう見るか
 2 世界の安定のためにアメリカは何をすべきか
 3 ロシア包囲網に動く日本を憂う
 4 「世界は、プーチンの決断にかかっている」

第7章 中国・習近平主席守護霊の霊言
    ─「ウクライナ問題とコロナ・パンデミック」の心労と動揺─
 1 ウクライナ問題で悩んでいる習近平氏の“本音”
 2 バイデン大統領の本質を見誤った習近平氏
 3 中国にとっての〝最悪のシナリオ〟とは

第8章 ドイツ・ショルツ首相守護霊の霊言
    ─ドイツの葛藤と世界大戦・大恐慌への警告─
 1 本心ではウクライナ支援をしたくないショルツ首相
 2 バイデン氏への見解と大恐慌の危険を語る
 3 台湾に迫る危機と日本への警告
 4 ショルツ首相守護霊が考える民主主義の弱点
 5 ショルツ首相の魂の秘密
 6 ウクライナ問題への本音と解決への提案

あとがき

お客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

商品情報

ウクライナ問題を語る世界の7人のリーダー

・著者
大川隆法
1,760 円(税込)
・四六判 462頁
・発刊元
幸福の科学出版
・ISBN
978-4-8233-0362-3
・発刊日
2022-05-28
※全国書店は、発刊日より順次発売です
・在庫
アリ
・発送日目安
1~3営業日後
ご注文が集中した場合は、出荷までに
お時間をいただくことがございます

・通常配送無料 詳細

数量:
カゴに入れる