TOP > 大川隆法著作 > 「日露平和条約」を決断せよ

「日露平和条約」を決断せよ

メドベージェフ首相&プーチン大統領 守護霊メッセージ

・著者
大川隆法
・定価
1,540 円(税込)
・四六判 213頁
・発刊日
2019-06-15
・在庫
アリ
・発送日目安
1~3営業日後

・通常配送無料 詳細

数量:
カゴに入れ  る
いまが、ラストチャンス!
安倍総理よ、腹をくくれ。


ロシアと組めば、中国・北朝鮮の
軍事的脅威を封じ込めることができる!

安倍総理が、自らの保身や選挙の勝敗の
ためだけに判断を先のばししたら
第三次世界大戦が現実に!?
逆に、いま「日露平和条約」を決断すれば、
北朝鮮危機も中国問題も解決に向かう。


北方領土問題をどう解決すべきか/
金正恩との会談の中身/
ロシアゲート疑惑の真相 etc.


日本の生き筋は、日米関係を基軸にしつつも、インド、台湾、韓国、オーストラリア、ロシアで囲んで、北朝鮮と中国の民主化、自由化、そして信仰の復活をなしとげることである。
(大川隆法 まえがきより)



■■ しゅ・ご・れい【守護霊】 ■■
人間の潜在意識のことで、あの世から地上にいる人を守る過去世の魂。タテマエではない本音を語る性質がある。

■■ ドミートリー・メドベージェフの人物紹介 ■■
1965年~。ロシアの政治家。1990年、レニングラード大学大学院で法学博士号を取得。早くからプーチンの側近として国政に関与し、2000年にプーチンが大統領に立候補すると、選挙対策本部責任者として当選に貢献。その後、大統領府長官、第一副首相を歴任する。2008年の大統領選においてプーチンの後継指名を受け圧勝。プーチンを首相に指名し、二頭体制が発足した。2012年、プーチンの大統領再任に伴い首相となる。

■■ ウラジーミル・プーチンの人物紹介 ■■
1952年~。ロシアの政治家。レニングラード大学法学部を卒業後、旧ソ連のソ連国家保安委員会(KGB)等を経験。エリツィン政権の末期に首相となった後、「強いロシア」を掲げて大統領を二期(2000~2008年)務める。いったん首相に戻ったが、2012年3月、2018年3月の大統領選に共に勝利し、通算四期目の大統領に就任。親日派であり、柔道家としても知られる。

目次

まえがき

第1章 日本よ、「捨てて、得よ」
    ─メドベージェフ首相守護霊の霊言─
 1 「接待外交」では何も進まない
 2 ロシア側の事情と立場が明かされる
 3 安倍首相への困惑と期待のポイント
 4 日露平和条約の枠組みの具体的イメージ
 5 世界各地域で今後ロシアが取る戦略
 6 ロシアの対中国戦略の中身は
 7 ロシア首相の気質と本心
 8 「宇宙人」発言の真意と真相
 9 安倍首相よ、執着を捨て、真の国益を得よ
 10 霊言を終えて
   ― 温和なところがあったメドベージェフ首相守護霊

第2章 日本よ、腹をくくれ!
    ─プーチン大統領守護霊の霊言─
 1 プーチン氏とトランプ氏の「意気投合ポイント」とは
 2 露朝首脳会談、裏の裏
 3 日米首脳会談、互いの事情
 4 安倍首相の仕事・外交、メッタ斬り
 5 「ロシアが中国を滅ぼせる」理由
 6 安倍首相よ、「死ぬべき時は、今」だ!
 7 霊言を終えて―ロシアは大国へと復活する

あとがき

コラム

ロシアにとっての北方領土と
第三次世界大戦を防ぐ日露関係

 
コラム挿絵『「日露平和条約」を決断せよ』
ロシアのNO.2・メドベージェフ首相は、北方領土に軍事基地を建設した人物。その意図や日本に対する本心が明らかになった。ロシアにとって太平洋への出口となる北方領土は軍事の要であり、4島返還には応じられないという。だからこそ平和条約が必要とも。さらに歴史認識やEUとの関係、中国への対応などを知れば、ロシアは“話ができる相手”であることがわかる。巨大な軍備は日本の援軍となり、「日露でアジアを守る」という提案を日本は受け入れるべきではないか。

お客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

  • ぜひ

    日露平和条約をぜひ実現してほしい。

    2019/10/15 茨城県/50代/男性さんからの投稿 おすすめレベル:★★★★

全て見る (件)

商品情報

「日露平和条約」を決断せよ

メドベージェフ首相&プーチン大統領 守護霊メッセージ

・著者
大川隆法
・定価
1,540 円(税込)
・四六判 213頁
・発刊元
幸福の科学出版
・ISBN
978-4-8233-0087-5
・発刊日
2019-06-15
・在庫
アリ
・発送日目安
1~3営業日後
ご注文が集中した場合は、出荷までに
お時間をいただくことがございます

・通常配送無料 詳細

数量:
カゴに入れる