TOP >大川隆法著作 > 堺屋太一の霊言

堺屋太一の霊言

情報社会の先にある「究極の知価革命」

・著者
大川隆法
1,540 円(税込)
・四六判 223頁
・発刊日
2019-04-26
・在庫
アリ
・発送日目安
1~3営業日後

・通常配送無料 詳細

数量:
カゴに入れる
有名評論家が語った、
死後1ヵ月の体験報告。

生前の真意から、現在の心境、
そして政治・経済の近未来予測まで。


なぜ生前、橋下徹氏を応援したのか?
大阪都構想はこれからどうなる

対中国・対韓国をどう考える?
堺屋流・中国包囲網3つの奇策とは

消費税増税が引き起こす混乱
五輪景気を目論む安倍政権の死角

あの世に持って還れるのは「心」だけ
現代的知識人が知るべき死後の世界の真相



■■ 堺屋太一の人物紹介 ■■
1835~2019年。作家・評論家。大阪府出身。本名は池口小太郎。東京大学経済学部卒。通産省に入省後、在職中に作家デビューし、『団塊の世代』が一世を風靡。また、官僚時代に大阪万博を成功させた経験を生かし、退官後も各種博覧会のプロデュースに当たる。小渕・森内閣時に、民間から経済企画庁長官に登用(第55~57代)、さらに内閣特別顧問も務める。主著に『峠の群像』『知価革命』『秀吉』等。


◇◇ 霊言・守護霊霊言とは ◇◇
「霊言現象」とは、あの世の霊存在の言葉を語り下ろす現象のことをいう。これは高度な悟りを開いた者に特有のものであり、「霊媒現象」(トランス状態になって意識を失い、霊が一方的にしゃべる現象)とは異なる。外国人霊の霊言の場合には、霊言現象を行う者の言語中枢から、必要な言葉を選び出し、日本語で語ることも可能である。

また、人間の魂は原則として六人のグループからなり、あの世に残っている「魂のきょうだい」の一人が守護霊を務めている。つまり、守護霊は、実は自分自身の魂の一部である。したがって、「守護霊の霊言」とは、いわば本人の潜在意識にアクセスしたものであり、その内容は、その人が潜在意識で考えていること(本心)と考えてよい。

目次

まえがき

1 死後一カ月、霊言をしに来た堺屋太一氏
2 死後一カ月間の過ごし方を語る
3 維新の会と橋下徹氏の今後
4 安倍長期政権の功罪
5 中国問題、各国の賭けとリスク
6 北朝鮮問題の片付け方
7 一帯一路潰しの「金融戦争」を
8 対中包囲外交、三つの奇策
9 「経済戦争」勝利のための中国経済分析
10 GAFAの限界の先にある「究極の知価革命」
11 「台湾」と「日本のエネルギー問題」
12 「心残り」と幸福実現党へのエール
13 堺屋太一氏の今回の霊言を終えての感想

〈付録〉本編の前に現れた堺屋太一氏の「事前霊言」

あとがき

お客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

商品情報

堺屋太一の霊言

情報社会の先にある「究極の知価革命」

・著者
大川隆法
1,540 円(税込)
・四六判 223頁
・発刊元
幸福の科学出版
・ISBN
978-4-8233-0072-1
・発刊日
2019-04-26
・在庫
アリ
・発送日目安
1~3営業日後
ご注文が集中した場合は、出荷までに
お時間をいただくことがございます

・通常配送無料 詳細

数量:
カゴに入れる