TOP > 大川隆法著作 > 愛は憎しみを超えて

愛は憎しみを超えて

中国を民主化させる日本と台湾の使命

・著者
大川隆法
・定価
1,620 円(税込)
・四六判 137頁
・発刊元
幸福の科学出版
・ISBN
978-4-8233-0062-2
・発刊日
2019-03-27
・在庫
アリ
・発送日目安
1~3営業日後
ご注文が集中した場合は、出荷までに
お時間をいただくことがございます

送料について

数量:
カゴに入れる
台湾の自由を守り抜く。
中国の民主化を実現させる。


李登輝氏からの手紙がきっかけとなり
今年3月3日、実現した台湾講演を書籍化!

中国による軍事的脅威が迫る中、台湾の進むべき
未来を指し示した著者渾身の最新提言。
さらに2月11日、共産主義の間違いを喝破した
名古屋での『毛沢東の霊言』講義を収録。



台湾と中国のどちらが正統なのか?
中華民国が中華人民共和国(中国共産党)によって
国土を奪われたということが歴史の真実


日本は台湾と国交回復せよ
中国の顔色をうかがって、
台湾との国交を断絶した日本は情けない


台湾は中国に吸収されるべきではない
香港の「一国二制度」の約束を破った
北京政府の噓を指摘せよ


日本と台湾、台湾と中国の
懸け橋となるために

台湾にある「自由・民主・信仰」を、
中国本土に広げよ


誰も言えなかった「中台問題」の
 正論が、この一冊に。

目次

まえがき

第1章 愛は憎しみを超えて
 (2019年3月3日説法 台湾・グランド ハイアット 台北にて)
 1 言論によって世界を変えている幸福の科学
 2 台湾と中国、どちらが正統なのか
 3 全体主義国家・中国の誤り
 4 台湾の「自由・民主・信仰」を中国本土へ
 5 日本は台湾と国交回復せよ
 6 私の言葉は、「予言」ではなく「神の計画」
 7 憎しみを捨て、愛を取れ

第2章 「人間の幸福」と「国家」について─質疑応答─
  (2019年3月3日 台湾・グランド ハイアット 台北にて)
 1 「中国」と「台湾」のあるべき未来とは
 2 人々が幸福に暮らせる国家とは

第3章 「自由・民主・信仰」が世界を救う─『毛沢東の霊言』講義─
  (2019年2月11日 愛知県・幸福の科学 名古屋正心館にて)
 1 世界の命運を分ける『毛沢東の霊言』
 2 「マルクス主義の間違い」を明らかにする
 3 「結果の平等」を求めた旧ソ連や中国の“地獄”
 4 「民主主義・台湾」を中国の侵略から護れ

あとがき

コラム

暗殺の危険も覚悟の上で決行
聴衆が感動した台湾講演を収録

 
コラム挿絵『愛は憎しみを超えて』
3月の台湾講演が早くも書籍化。わかりにくい中台問題の核心を押さえ、中国から台湾を守り抜く決意が示されている。孫文革命以降、正統なのは台湾であることや全体主義国家である中国の誤りを指摘。台湾はすでに中国とは別の国家であるとし、その「自由・民主・信仰」の価値観を中国全土に広げてほしいと訴えた。日本に対しては「中国の顔色を伺って国交を断絶したのは情けない」と台湾との国交回復を提言する。アジアでの戦争勃発をくいとめる重要な書といえる。

お客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

  • これから

    日本は頑張らなければいけないと思いました。

    2019/04/09 男性/40代さんからの投稿 おすすめレベル:★★★★★

全て見る (件)
数量:
カゴに入れる