TOP >大川隆法著作 > 公開霊言 > 守護霊インタビュー 堺屋太一 異質な目 政治・経済・宗教への考え

守護霊インタビュー 堺屋太一 異質な目 政治・経済・宗教への考え

・著者
大川隆法
1,540 円(税込)
・四六判 169頁
・発刊日
2016-05-17
・在庫
アリ
・発送日目安
1~3営業日後

・通常配送無料 詳細

数量:
カゴに入れる
キャリア官僚から作家、大臣、
そして政界の仕掛け人へ。

官僚組織と政財界を知りつくした

堺屋氏の“異見”を聞く。


政界のご意見番は、こう考える。
▽遷都、地方分権論について
▽米大統領選のゆくえ
▽消費増税をどう見ているのか
▽マイナス金利の是非
▽社会保障問題は解決できるか



◇◇ 霊言・守護霊霊言とは ◇◇
「霊言現象」とは、あの世の霊存在の言葉を語り下ろす現象のことをいう。これは高度な悟りを開いた者に特有のものであり、「霊媒現象」(トランス状態になって意識を失い、霊が一方的にしゃべる現象)とは異なる。外国人霊の霊言の場合には、霊言現象を行う者の言語中枢から、必要な言葉を選び出し、日本語で語ることも可能である。

また、人間の魂は原則として六人のグループからなり、あの世に残っている「魂のきょうだい」の一人が守護霊を務めている。つまり、守護霊は、実は自分自身の魂の一部である。したがって、「守護霊の霊言」とは、いわば本人の潜在意識にアクセスしたものであり、その内容は、その人が潜在意識で考えていること(本心)と考えてよい。

目次

まえがき
1 経済評論家・堺屋太一氏の守護霊を招霊する
2 「堺屋氏」と「政界」の長年にわたる関係
3 日本はすでに“死に体”になっている
4 「遷都論」の真意に迫る
5 「今、必要なのは、破壊して、引退できる人」
6 堺屋太一氏守護霊は日本外交をどう読むか
7 「マイナス金利」によって日銀は崩れた! ?
8 幸福実現党の“勝ち筋”を訊く
9 異色の経済評論家・堺屋太一氏の霊的背景に迫る
10 堺屋太一氏守護霊の霊言を終えて
あとがき

お客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

商品情報

守護霊インタビュー 堺屋太一 異質な目 政治・経済・宗教への考え

・著者
大川隆法
1,540 円(税込)
・四六判 169頁
・発刊元
幸福の科学出版
・ISBN
978-4-86395-788-6
・発刊日
2016-05-17
・在庫
アリ
・発送日目安
1~3営業日後
ご注文が集中した場合は、出荷までに
お時間をいただくことがございます

・通常配送無料 詳細

数量:
カゴに入れる