悲劇としての宗教学

日本人の宗教不信の源流を探る

・著者
大川隆法
・定価
1,512 円(税込)
・四六判 216頁
・発刊元
幸福の科学出版
・ISBN
978-4-86395-167-9
・発刊日
2012-02-24
・在庫
アリ
・発送日目安
1~3営業日後
ご注文が集中した場合は、出荷までに
お時間をいただくことがございます

送料について

数量:
カゴに入れる
日本人の宗教アレルギー。
―――その原因を解明する。

現代日本人の宗教観やマスコミ論調のルーツとなった
元東大宗教学・岸本英夫教授の霊言インタヴューを敢行。
神や信仰を認めず、善悪の価値判断を放棄した
「宗教学」の危険性を明らかにする。


〇なぜ宗教学者たちは、
 オウム教の犯罪性を見抜けなかったのか!?
〇「あの世」を信じなかった宗教学者、
 死後、その霊はどうなったのか!?
〇日本人の宗教観をねじ曲げた学問の誤りが明らかに

目次

・「岸本英夫の霊言」を収録する背景
・岸本教授の「死後の状態」を探る
・「岸本宗教学」の問題点に迫る
・「宗教に対する価値中立」の真意
・GHQの宗教政策に与えた悪影響
                  など

お客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

  • 「なぜ」に答えつづける

    この著者は、戦後思想のゆがみの根本を
    探求し覆そうとしている。

    その真摯な姿勢になぜ人びとは気づかないのか。
    そのこと自体がゆがみを体現している証拠ではないか。

    2012/06/11 パオさんからの投稿 おすすめレベル:★★★★★

  • この世的には

    智者であり、地位があっても信仰がないということは、まさに悲劇であると感じました。

    2012/04/18 40代・自営業さんからの投稿 おすすめレベル:★★★★★

  • 宗教には

    自然科学的態度ではなく、素の心で接してみなければわからない事があると教えてくれている。

    2012/04/05 40代・男性さんからの投稿 おすすめレベル:★★★★★

  • ただ

    すばらしいの一言

    2012/04/01 60代・経営者さんからの投稿 おすすめレベル:★★★★★

  • さいのかわら

    昔雑誌の対談でこの方をよくみかけたお覚えがあります。この方が生前やってみえたことは、単に宗教学についての学問でなかったのではないでしょうか。標本を沢山集めて喜んでる子供みたいな印象を受けました。

    2012/03/17 うめさんからの投稿 おすすめレベル:★★★★★

全て見る (件)
数量:
カゴに入れる