TOP > 大川隆法著作 > 信仰の法

信仰の法

地球神エル・カンターレとは

・著者
大川隆法
・定価
2,160 円(税込)
・四六判 309頁
・発刊元
幸福の科学出版
・ISBN
978-4-86395-957-6
・発刊日
2017-12-04
・在庫
アリ
・発送日目安
1~3営業日後
ご注文が集中した場合は、出荷までに
お時間をいただくことがございます

送料について

数量:
カゴに入れる
人種、文化、政治、そして宗教――
さまざまな価値観の違いを超えて、

この地球は“ひとつ”になれる。

人類が求めてきた
「永遠の疑問」に対する
「答え」が、この一冊に。

あなたが抱える
どんな悩みも苦しみも、
この世界の争いや
憎しみの連鎖さえも。
「信じる力」によって、
超えていける――。


【著作2300書突破!
 世界100ヵ国以上
 
(30言語)
 愛読者を持つ
 著者渾身の一書!】

目次

まえがき
第1章 信じる力
    ──人生と世界の新しい現実を創り出す
第2章 愛から始まる
    ──「人生の問題集」を解き、「人生学のプロ」になる
第3章 未来への扉
    ──人生三万日を世界のために使って生きる
第4章 「日本発世界宗教」が地球を救う
    ──この星から紛争をなくすための国造りを
第5章 地球神への信仰とは何か
    ──新しい地球創世記の時代を生きる
第6章 人類の選択
    ──地球神の下に自由と民主主義を掲げよ
あとがき

お客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

  • 幸福の科学の本当の意味が分かる本

    世界的宗教の意味や今は新興宗教であっても
    いづれ世界的宗教になるであろう幸福の科学の役割が
    よく分かりました。
    ブッタやキリストも当時は新興宗教のひとつでしかなかったはずだと思います。
    新興宗教=悪と考えるのでなく、素直な気持ちで
    教祖の本や教えを学べば、必ずその団体が本物か偽物かを見抜けると思います。
    どんな世界も本物もいれば偽物もいるので。
    宗教を否定するなど精神世界の否定につながる愚かな考えであると感じました。

    2018/06/05 きよしさんからの投稿 おすすめレベル:★★★★★

  • 危険水域の時代

    宗教や道徳を軽んずることは、短期的には何らたいしたことのないように思われる。今の時代ではむしろそのほうが合理的にさえ見える。それによって国がまわらなくなるわけでもなく、仕事がまわらなくなるわけでもなし。
    しかし、この風潮が何年、何十年と続けば、確実に国、社会を蝕み、その衰えはあらゆる方面に及び、全く取り返しのつかないものとなる。これが宗教や道徳を軽んずることの真に恐ろしい代償である。この状態が末期の状態になったのでは、そこでいかに気がつき、宗教や道徳の普及に努めても手遅れである。
    宗教や道徳の効果というものは、ある程度長期的視野に立って考えてゆかねばならないものだからである。ましてやその状態のなかで目先の経済対策やら、法律での対策やらをとったところで、焼け石に水である。取り返しのつかなくなる前に、是非とも日本の国に宗教や道徳を興隆させていく必要がある。

    2018/04/13 頑固人さんからの投稿 おすすめレベル:★★★★★

  • 震災の時に守られたページの掲載が良い

    かなり分かりやすくカラーで掲載されていて
    嘘偽りでない事が証明されている
    その点はなんの疑問もなく納得できる
    震災でお亡くなりの方にはお悔やみ申し上げます

    2018/02/07 まきいっせいさんからの投稿 おすすめレベル:★★★★

  • 東京ドームが蘇(よみがえ)る

    トランプ大統領へのメッセージ、アメリカの興亡の予言。
    そして、信仰の大切さは、地球文明の創り主、アルファ様からの歴史も語られていました。
    書籍化。早く読みたいです。

    2017/12/01 三輪香織さんからの投稿 おすすめレベル:★★★★★

  • 勇気の法とともに

    大川総裁の、書籍は、全部素晴らしいです。真実です。

    2017/11/27 井上薫さんからの投稿 おすすめレベル:★★★★★

全て見る (件)
数量:
カゴに入れる