TOP > 大川隆法著作 > 中国 虚像の大国

中国 虚像の大国

商鞅・韓非・毛沢東・林彪の霊言

・著者
大川隆法
・定価
1,512 円(税込)
・四六判 369頁
・発刊元
幸福の科学出版
・ISBN
978-4-8233-0063-9
・発刊日
2019-04-03
・在庫
アリ
・発送日目安
1~3営業日後
ご注文が集中した場合は、出荷までに
お時間をいただくことがございます

送料について

数量:
カゴに入れる
世界を騙した
毛沢東の大罪。
さらに加速する
習近平の野望。


▽毛沢東の元側近・林彪が明かす、
 中国共産党の深い闇――
 その裏切りと粛清の歴史とは

▽香港の人びとを弾圧する悪政を
 正当化する偽物の「法治主義」
 
▽習近平が利用する「法家思想」、
 その功罪を読み解き
 大義なき虚像の大国の正体を暴く


台湾は、決して中国に
吸収合併されるべきではない



■■ 商鞅の人物紹介 ■■
前390頃~前338年。中国、戦国時代の秦の政治家、法家。衛の公子の出身。秦の孝公に仕え、法治主義に基づき富国強兵策を断行。法制・税制・軍制・田制などの大改革(変法)を二度に渡って行い、秦の発展の基礎をつくる。しかし、その強制的な改革は貴族層の反感を買い、孝公の死後、車裂きの刑に処せられた。


■■ 韓非の人物紹介 ■■
前280頃~前233年。中国、戦国時代末期の思想家。韓の公子。荀子に学んで法家思想を理論的に大成し、秦の始皇帝に大きな影響を与える。韓の使者として秦に赴くが、李斯の讒言により投獄され、獄中で服毒自殺した。韓非の言説を集めた思想書『韓非子』(二十巻五十五編)がある。


■■ 毛沢東の人物紹介 ■■
1893~1976年。中国の政治家。中国共産党の創立に参加し、日中戦争では抗日戦を指揮した。戦後は、蔣介石の国民党軍を破り、共産党一党独裁の中華人民共和国を建国し、初代国家主席となる。大躍進政策や文化大革命などを推進したが、4、5千万人以上もの国民が犠牲になったと言われている。


■■ 林彪の人物紹介 ■■
1907~1971年。中国の軍人、政治家。湖北省出身。1925年、中国共産党入党。北伐に参加後、毛沢東・朱徳と共に紅軍を建設する。長征・抗日戦・朝鮮戦争などで活躍し、1959年には国防部長に就任。文化大革命では運動の先頭に立ち、第九回党大会で毛沢東の後継者に指名されたが、クーデターを計画して失敗。飛行機でソ連へ逃亡途中、墜落死した。

目次

まえがき

第1章 商鞅の霊言
 1 なかなか「正体」を明かさない霊人
 2 法家は神がなくてもいいようにする思想
 3 エリートが“神”として支配する共産主義の矛盾
 4 「香港も台湾も自由などない」
 5 「中国法は“国際法”」と言う商鞅

第2章 韓非の霊言
 1 韓非と商鞅の「違い」とは
 2 中国の事情と台湾の感情
 3 韓非は今、どのような世界にいるのか
 4 中国側の言い分を代弁する韓非
 5 韓非の日本での驚おどろくべき転生
 6 共産主義の理想は、最後は日本

第3章 毛沢東/ヤイドロンの霊言
 1 「『毛沢東の霊言』講義」の当日の朝に来た毛沢東
 2 「ウイグルは皆殺しでもいい」
 3 「日本を無傷で取る」と脅す毛沢東
 4 毛沢東霊を除霊する

第4章 林彪の霊言
 1 「私は毛沢東に殺された」
 2 死後四十数年、「真実」を語る
 3 中国を「情報公開」させ、日本を護れ
 4 たいていは「暗黒時代」である中国史

あとがき

コラム

悪魔と化した毛沢東を崇拝
中国共産党の正体を明らかにする

 
コラム挿絵『中国 虚像の大国』
法家思想の大家である韓非と商鞅。毛沢東と側近の林彪。現代中国の政治に影響を与えた4人の霊言が1冊になった。嘘と裏切りで頂点に立ち、数百万人を粛清した毛沢東が、なぜ英雄となり、習近平がその威光を利用するのか。中国独自の「法と権力によって国を治める」という法家思想を探ることで、その真相が見えてくる。さらに後継者とされた林彪が、毛沢東に殺されたことを激白。権力を振りかざし、周辺国を弾圧する国に、断じて世界の覇権を握らせはならない。

お客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

  • 新鮮な話!

    立つ位置を変えることで
    いろんな観点が出来ることが
    各国の考え方を読む上で必要ですね。
    韓非の話は新鮮でした。
    林彪の話の中で、周恩来の話もあり、気になっていた人の情報を得られました。

    2019/05/11 佐賀県/男性さんからの投稿 おすすめレベル:★★★★★

全て見る (件)
数量:
カゴに入れる