TOP > 大川隆法著作 > 「中華民国」初代総統 蔣介石の霊言

「中華民国」初代総統 蔣介石の霊言

日本とアジアの平和を守る国家戦略

・著者
大川隆法
・定価
1,540 円(税込)
・四六判 199頁
・発刊日
2019-03-01
・在庫
アリ
・発送日目安
1~3営業日後

・通常配送無料 詳細

数量:
カゴに入れ  る
迫りくる台湾占領の危機――
日本は、アジアのリーダーとして
“中国の覇権主義”を阻止せよ。


毛沢東のライバル・蒋介石が
天上界から緊急メッセージ

親中派の幻想を打ち砕く
「歴史の真相」と
「中国共産党の実態」に迫る。


▽中国が目論む6つの侵略計画
 台湾と南シナ海を取り、次は尖閣・沖縄へ
▽「南京大虐殺」など存在しなかった
 蔣介石が語る先の大戦と戦後史の真実
▽台湾の「自由・民主・信仰」を守れ
 全体主義国家の暴走を許してはならない



■■ 蔣介石の人物紹介 ■■
1887~1975年。中華民国の軍人、政治家。初代総統。日本に留学中、孫文らの中国同盟会に入り、辛亥革命に際しては帰国して参加。孫文の死後、国民革命軍総司令となり、北伐を経て、1928年、南京で国民政府主席となる。次第に反共政策を強化するも、西安事件で捕らえられ、国共合作に同意して抗日戦を遂行。戦後は中国共産党との内戦に破れ、1949年、台湾に退いた。

目次

まえがき

1 中国建国の善悪を探る調査を続ける
2 運命に翻弄される台湾、その原点へ
3 蔣介石は、先の大戦、戦後をどう見たか
4 蔣介石が明かす、南京大虐殺の実態
5 一九四七年「二・二八事件」の深層
6 日米中の動きに揺れる台湾の今後
7 中国経済、崩壊度の実態
8 中国の戦争計画にどう対抗するか
9 蔣介石、その転生の軌跡
10 中国包囲網の戦略・戦術
11 十周年になる幸福実現党、それは我欲のためではない

あとがき

コラム

アジアの発火点・台湾を守れ!
毛沢東の宿敵が緊急メッセージ

 
コラム挿絵『「中華民国」初代総統 ?介石の霊言』
孫文の後継者となり、毛沢東に敗れた蒋介石の霊言である。没後40年以上が経ち、覇権国家となった中国と、その脅威に直面している台湾の現状について、率直な心境を告白。暗黒思想の持ち主だった毛沢東への批判、第二の母国・日本への思い、戦後の中台のねじれを生んだ原因など、歴史の真相が明かされた貴重な証言集となっている。そして「毛沢東のために、中国は“悪魔の思想”に染まってしまった。そんな国に負けてはいけない」と、日本に台湾を守るよう訴える。

お客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

  • 同感

    蔣介石の日本に対する呈言は、我々戦前教育を受けた昔から見て、現中国に対する見方もまた、日本の現状に対する見方も全く同感するものを感じた。
    日本のこの体たらくを早く何とかして貰いたいと、釈党首に願いたいものである。

    2019/10/16 東京都/80代/男性さんからの投稿 おすすめレベル:★★★★★

  • 多く学べる

    日中戦争の流れなど知らなかったことを多く学べると共に、
    現在の中国や台湾への対応について考えさせられました。

    2019/05/01 佐賀県/60代/男性さんからの投稿 おすすめレベル:★★★★★

全て見る (件)

商品情報

「中華民国」初代総統 蔣介石の霊言

日本とアジアの平和を守る国家戦略

・著者
大川隆法
・定価
1,540 円(税込)
・四六判 199頁
・発刊元
幸福の科学出版
・ISBN
978-4-8233-0061-5
・発刊日
2019-03-01
・在庫
アリ
・発送日目安
1~3営業日後
ご注文が集中した場合は、出荷までに
お時間をいただくことがございます

・通常配送無料 詳細

数量:
カゴに入れる