TOP>セレクション>世界の要人たちの潜在意識(守護霊)にアクセス!
セレクション

世界の要人たちの潜在意識(守護霊)にアクセス!

世界の要人たちの 潜在意識(守護霊)にアクセス!

CO2排出削減は正しいか

四六判/
1,540円/193P

CO2排出削減は正しいか

なぜ、グレタは怒っているのか?

大川隆法著

地球環境問題のシンボルとなった
16才の少女を操る存在の正体

国連での怒りのスピーチで、一躍有名になった16歳の少女グレタ・トゥーンベリ。大人たちを叱りつける彼女に、平和的な環境論者とは違う何かを感じた人も多かったようだ。その背景を探っていくと、驚くべき真相が明らかになった。「CO2=温暖化の元凶」と信じる彼女を利用し、文明国を没落させたい悪魔的な存在が発覚したのだ。また温暖化は1万年前から始まっており、CO2排出とは関係がないことも判明。環境問題に対する正しい認識の必要性を教えてくれる。

詳細を見る

イランの反論

四六判/
1,540円/255P

イランの反論

ロウハニ大統領・ハメネイ師 守護霊、
ホメイニ師の霊言

大川隆法著

サウジアラビア石油施設攻撃
犯人は本当にイランなのか?

中東の新たな火種となったサウジ石油タンク施設攻撃。トランプ大統領はイランの仕業と決めつけたが、その真相を探るべく、イランのトップの霊言を行った。サウジの自作自演説、イランとアメリカを戦争させたい勢力の存在、イスラエルの思惑など、一触即発の中東情勢が明かされる。しかし、イランは宗教大国であり、神の心に背く国家犯罪をするはずがないと主張。日本神道とイスラム教の霊界のつながりも判明した。日本が知らないイランの真の姿がわかる一冊。

詳細を見る

ジョシュア・ウォン守護霊の英語霊言

四六判/
1,540円/121P

ジョシュア・ウォン守護霊の英語霊言

自由を守りぬく覚悟

大川隆法著

“香港革命”は“神の革命”
ヒトラー的な中国から自由を守れ

9月19日に緊急収録された香港デモの若きリーダー、ジョシュア・ウォンの守護霊霊言。13歳から活動家となり、22歳になった現在も命がけで中国と闘い続ける。武器も軍隊もない香港にとって、頼りになるのは日米英をはじめとする国の支援だが、いまだ動きはない。「中国政府は全体主義でありヒトラー的体制。『香港を守ることは台湾を守り、日本を守ること』――その言葉を世界に広めてほしいと」と訴えるジョシュアの守護霊。この悲痛な叫びが世界に届いてほしい。

詳細を見る

習近平の娘・習明沢の守護霊霊言

四六判/
1,540円/255P

習近平の娘・習明沢の守護霊霊言

「14億人監視社会」
陰のリーダーの“本心”を探る

大川隆法著

世界がまだ知らない才女が目論む
中国発・“幸福なファシズム”

中国の実力者でありながら、メディアには一切登場しない、習明沢の守護霊霊言。ハーバード大卒の才女らしく、口調は穏やかだが、支配欲は父親譲りのようだ。現在は、AIを使った監視社会を構築しており、めざすのはネット網と電子マネーで個人の情報や財産を掌握し、国民をコントロールする社会。それは、ジョージ・オーウェルの「1984」を彷彿とさせるファシズム国家そのものだ。本書で明かされた恐るべき中国の実態と未来戦略を、日本の政府関係者に知ってほしい。

詳細を見る

自由のために、戦うべきは今

四六判/
1,540円/341P

自由のために、戦うべきは今

習近平vs.アグネス・チョウ 守護霊霊言

大川隆法著

全体主義に対する自由の創設
それが「香港革命」の真の意味

緊迫する香港デモについて、国家主席の習近平と民主の女神アグネス・チョウ、それぞれの守護霊の考えが示された。「恐怖こそ支配者の一番の道具」とする習近平の守護霊は、香港を制圧し、中国に歯向かったらどうなるかを台湾に見せつけるという。対するアグネス・チョウの守護霊は、「殺されることを覚悟」と決意を表明。その強さの背景には、神の応援があることが明らかになった。自由のための香港革命が成功しなければ、次は台湾、沖縄が危機に瀕する。日本政府も正しいシグナルを発信してほしい。

詳細を見る

断末魔の文在寅 韓国大統領守護霊の霊言

四六判/
1,540円/191P

断末魔の文在寅 韓国大統領守護霊の霊言

大川隆法著

一国のリーダーと思えない、
非常識な反日思想のルーツとは

これまでの2度の守護霊霊言で、反日思想と独裁者の資質が暴露された文大統領。戦後最悪の日韓関係を招いた8月31日、3度目の守護霊霊言が緊急発刊された。GSOMIA破棄、困窮する経済、側近スキャンダルなど、一連の騒動をどう思うのか。人権弁護士出身で経済も外交もわからず、日本から莫大な賠償金を取ることしか頭にないため、戦略的無視を貫く安倍政権に怒り、「対馬や佐渡島を占領する」と言い出す始末。本書ではこの極端なまでの反日のルーツも明らかになる。

詳細を見る

「日露平和条約」を決断せよ

四六判/
1,540円/213P

「日露平和条約」を決断せよ

メドベージェフ首相&プーチン大統領
守護霊メッセージ

大川隆法著

ロシアにとっての北方領土と
第三次世界大戦を防ぐ日露関係

ロシアのNO.2・メドベージェフ首相は、北方領土に軍事基地を建設した人物。その意図や日本に対する本心が明らかになった。ロシアにとって太平洋への出口となる北方領土は軍事の要であり、4島返還には応じられないという。だからこそ平和条約が必要とも。さらに歴史認識やEUとの関係、中国への対応などを知れば、ロシアは“話ができる相手”であることがわかる。巨大な軍備は日本の援軍となり、「日露でアジアを守る」という提案を日本は受け入れるべきではないか。

詳細を見る

習近平守護霊 ウイグル弾圧を語る

四六判/
1,540円/209P

習近平守護霊 ウイグル弾圧を語る

大川隆法著

世界皇帝をめざす中国国家主席
その驚くべき魂の秘密が判明!

以前から著者が指摘していた中国によるウイグル弾圧のニュースが各メディアで報じられ、苛立った習近平の守護霊が4回目となる守護霊インタビューに応じた。本書では、おもにウイグル族の強制収容所や臓器売買のおぞましい実態が次々と明らかに。さらにインドや日本への侵略計画、宇宙戦争への意欲など、世界皇帝という野望のためには手段を選ばない恐るべき国家戦略が顕わになる。こうした邪悪な精神性はどこからくるのか。その驚くべき魂の秘密も語られる。

詳細を見る

習近平 世界支配へのシナリオ

四六判/
1,540円/175P

習近平 世界支配へのシナリオ

米朝会談に隠された中国の狙い

大川隆法著

“世界皇帝”をめざす習近平
その恐るべき国家戦略とは

先の米朝会談で、その影響力が注目された習近平の守護霊にインタビュー。金正恩と話し合った内容や今後の戦略について語っている。米朝会談は中国の思惑通りに運び、「アメリカは敵ではない」と豪語。この先、日米韓が北朝鮮に力を吸い取られている間に、台湾を取り、“一帯一路構想”で “習帝国” を築くという。しかし、独裁者の末路が哀れなことは歴史が証明している。著者はまえがきで「次は『中国の終わりの始まり』がスタートするだろう」と記している。

詳細を見る

米朝会談後に世界はどう動くか キッシンジャー博士 守護霊インタビュー

四六判/
1,540円/125P

米朝会談後に世界はどう動くか キッシンジャー博士 守護霊インタビュー

大川隆法著

米朝会談はトランプ革命の一環
中国、韓国、日本の近未来は?

非核化への具体策がなく、懐疑的な声も聞こえる米朝会談について、国際政治学の大家であるキッシンジャー博士の守護霊にインタビュー。まず、「トランプに会談のアドバイスをしたのは自分」と告白し、「非核化こそ金正恩が生き残る最後のチャンス」であるため、「作業は順調に進む」と答えた。さらに米韓軍事演習中止の影響、中国の出方、北の体制と南北統一問題など、今後の見通しを語るとともに、日本の対北戦略には「寛容であれ、未来志向であれ」と助言する。

詳細を見る

このページのTOP ▲