TOP > 大川隆法著作 > 守護霊霊言 習近平の弁明

  • ベストセラー

守護霊霊言 習近平の弁明

中国発・新型コロナウィルス蔓延に苦悩する指導者の本心

・著者
大川隆法
・定価
1,540 円(税込)
・四六判 351頁
・発刊日
2020-03-13
・在庫
アリ
・発送日目安
1~3営業日後

・通常配送無料 詳細

数量:
カゴに入れる
全世界に広がる新型コロナウィルス感染症――
国内外から批判や非難が集まるなか、
習近平は、いま何を考えているのか。
これからの日中関係はどうすべきなのか。
その真意に迫り、対応策を導きだす。


実際の感染者数は?
情報の統制、そして隠ぺいはあるのか

全人代の延期という異例の事態
北京にも感染は拡大しているのか

武漢にウィルス研究所があるのは事実
新型コロナウィルスはそこから漏れたのか

台湾、香港、尖閣への強硬策が頓挫
春節後に実行するはずだった攻撃プランとは

中国が世界から孤立することへの焦り
「一帯一路」構想は破綻し、
習近平政権の危機に


世界恐慌は起こるのか?
日本経済は、
いまこそ中国依存から脱却を図るとき!


――これは、中国共産党
"崩壊"への始まりか。



■■ しゅ・ご・れい【守護霊】 ■■
人間の潜在意識のことで、あの世から地上にいる人を守る過去世の魂。タテマエではない本音を語る性質がある。

■■ 習近平の人物紹介 ■■
1953年~。中華人民共和国の政治家。いわゆる太子党(党高級幹部の子弟グループ)の一人。
福建省長、上海市党委員会書記、党中央政治局常務委員等を経て、2008年に国家副主席に就任。2012年、胡錦濤の後継として、党総書記、中央軍事委員会主席の座に就く。2013年、全国人民代表大会で国家主席、国家中央軍事委員会主席に就任した。


【同時収録
周恩来&エンゲルスの霊言
R・A・ゴールのメッセージ】


■■ フリードリヒ・エンゲルスの人物紹介 ■■
1820~1895年。ドイツの経済学者、哲学者、社会主義者。マルクスと共にマルクス主義を創始したことで知られる。1844年、マルクスと意気投合し、48年に『共産党宣言』を共同で執筆。同年三月革命に失敗した後はマンチェスターで実業に就き、マルクスに経済的援助を与えた。マルクス没後は、その遺稿を整理して『資本論』第二、第三巻を刊行。著書に『空想より科学へ』『家族・私有財産・国家の起源』などがある。

■■ 周恩来の人物紹介 ■■
1898~1976年。中華人民共和国の政治家。江蘇省生まれ。青年時代には日本やフランスに留学した経験を持つが、帰国後、中国共産党に入党した。1949年に中華人民共和国が誕生すると同時に首相に就任し、以後、死去するまで、その任にあって一度も失脚しなかったため、「不倒翁」といわれている。文化大革命では毛沢東を支持したが、その混乱の収拾にも努めた。

■■ R・A・ゴールの人物紹介 ■■
こぐま座アンダルシアβ星の宇宙人。宇宙防衛軍の司令官の一人であり、メシア(救世主)資格を持つ。

目次

まえがき

第1章 習近平守護霊の霊言─習近平の弁明─
 1 中国発・新型コロナウィルスの問題について、習近平国家主席の守護霊に意見を訊く
 2 新型コロナウィルス感染問題で困っている中国
 3 新型コロナウィルス蔓延の恐るべき実態
 4 世界への影響をどう見ているか
 5 新型コロナウィルスで中断された侵略計画
 6 今後の野望を語る、習近平国家主席の守護霊
 7 今、日本に〝期待”していること
 8 「習近平氏が弱っていること」が判明した今回の霊言

第2章 習近平守護霊の霊言─事前霊言─
 1 中国に打撃を与えた新型コロナウィルス
 2 新型コロナウィルスは、なぜ発生したのか
 3 今、習近平氏守護霊が恐れていること

第3章 エンゲルスの霊言
 1 新型コロナウィルスを「天罰」とするエンゲルス霊
 2 コロナウィルス感染を「終わりにしたい人」「喜んでいる人」

第4章 周恩来の霊言
 1 中国を建国した首相の苦悩
 2 崩れゆく中国の世界戦略
 3 訪問時に見た不思議な存在について
 4 ウィルス対応の現状と今後予想されること
 5 中国の指導者たちへの論評
 6 周恩来の狙い
 7 中国に必要な方針の転換
 
第5章 R・A・ゴールのメッセージ─UFOリーディング45─
 1 中国変革への強い意志
 2 「日本よ、国家たれ」
 3 宇宙的正義を打ち立てる

あとがき

コラム

隠蔽されてきた
中国の実態が明かされた!

 
コラム挿絵『守護霊霊言 習近平の弁明』
2月末、習近平の守護霊が弱った様子で著者の元を訪れ、新型コロナウィルス感染拡大に疲弊する中国の内情を語った。やはりウィルスは武漢の研究所から漏れ出した生物兵器であり、感染者数も報道より桁違いに多く、北京も危ないことを認めた。このウィルスは、戦争用だけでなく、自国の高齢者などを病死させるために開発されたという。さらに台湾にミサイル攻撃を準備していたタイミングでコロナ禍が起きたことなど、中国の本性が白日の元にさらされる。

お客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

  • リバティを見て知りました。

    習近平政権が永く続くと日本が今後どのようになるか不安でもある。
    これを防ぐには全国民が信仰を持つことが必要かと思う。

    2020/05/02 埼玉県/男性/80代さんからの投稿 おすすめレベル:★★★★★

全て見る (件)

商品情報

守護霊霊言 習近平の弁明

中国発・新型コロナウィルス蔓延に苦悩する指導者の本心

・著者
大川隆法
・定価
1,540 円(税込)
・四六判 351頁
・発刊元
幸福の科学出版
・ISBN
978-4-8233-0154-4
・発刊日
2020-03-13
・在庫
アリ
・発送日目安
1~3営業日後
ご注文が集中した場合は、出荷までに
お時間をいただくことがございます

・通常配送無料 詳細