TOP >大川隆法著作 > 公開霊言 > 政治家・官僚(国内) > スピリチュアル政治学要論

スピリチュアル政治学要論

佐藤誠三郎・元東大政治学教授の霊界指南

・著者
大川隆法
1,540 円(税込)
・四六判 145頁
・発刊日
2013-05-30
・在庫
アリ
・発送日目安
1~3営業日後

・通常配送無料 詳細

数量:
カゴに入れる
大平・中曽根政権のブレーンが、
霊界から政治学講義!!


日本に残された時間はせいぜい10年。
憲法9条改正とは、
「国家であり続けたいか、
中国の属州となりたいのか」を問う
重要テーマである!



中国・北朝鮮の脅威、同盟国アメリカの後退……
これからの20年、日本は危機の時代を迎える!

民主党政権失政の真因/二大政党制が抱える問題/
日米安保形骸化の危機/9条改正に議論の余地はない



◇◇ 霊言・守護霊霊言とは ◇◇
「霊言現象」とは、あの世の霊存在の言葉を語り下ろす現象のことをいう。これは高度な悟りを開いた者に特有のものであり、「霊媒現象」(トランス状態になって意識を失い、霊が一方的にしゃべる現象)とは異なる。外国人霊の霊言の場合には、霊言現象を行う者の言語中枢から、必要な言葉を選び出し、日本語で語ることも可能である。

また、人間の魂は原則として六人のグループからなり、あの世に残っている「魂のきょうだい」の一人が守護霊を務めている。つまり、守護霊は、実は自分自身の魂の一部である。したがって、「守護霊の霊言」とは、いわば本人の潜在意識にアクセスしたものであり、その内容は、その人が潜在意識で考えていること(本心)と考えてよい。

目次

まえがき
1 保守系の政治学者・佐藤誠三郎教授に訊く
2 「政治学」とは、そもそも何なのか
3 「法の根源」にある二つの考え方
4 政治の善悪を判断するポイント
5 政治家に求められる資質とは
6 「東アジア情勢」の分析
7 アカデミズムの「機能」とは
8 「中曽根臨調」でやり残したこと
9 「二大政党制」への警鐘
10 滅びる寸前の国、日本
11 佐藤教授の「過去世」を訊く
12 「危機の二十年」を乗り切るために
13 「佐藤教授の霊言」を終えて
あとがき

お客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

  • 滅びる寸前の国、日本

    日本が20年もつかどうかわからない?
    明治維新のとき、大きな判断を間違っていれば、日本は欧米の植民地になっていたかもしれない。
    よく切り抜けたものだと思ってはいたけれど、
    また同じような時がきているのですね。
    今度大きな判断を間違えば、日本は中国の属国になってしまうのですね。
    これを知っていると知らないとでは大違い。
    これはいいことなので、多くの人に知っていただきたいと思いました。
    いいこと教えてあげよう、みんなに。

    2013/06/19 okamotoさんからの投稿 おすすめレベル:★★★★★

全て見る (件)

商品情報

スピリチュアル政治学要論

佐藤誠三郎・元東大政治学教授の霊界指南

・著者
大川隆法
1,540 円(税込)
・四六判 145頁
・発刊元
幸福の科学出版
・ISBN
978-4-86395-332-1
・発刊日
2013-05-30
・在庫
アリ
・発送日目安
1~3営業日後
ご注文が集中した場合は、出荷までに
お時間をいただくことがございます

・通常配送無料 詳細

数量:
カゴに入れる