TOP > 大川隆法著作 > 公開霊言 > 政治家・官僚(国内) > 日米安保クライシス

日米安保クライシス

丸山眞男vs.岸信介

・著者
大川隆法
・定価
1,320 円(税込)
・四六判 184頁
・発刊日
2010-05-17
・在庫
アリ
・発送日目安
1~3営業日後

・通常配送無料 詳細

数量:
カゴに入れる
――いったい何が正しかったのか。
安保闘争、50年目の真実。


死を覚悟して「日米安保」を改定した岸信介。
日本人はこの政治家の決断に救われたといえるだろう。
そして50年が過ぎ、沖縄の米軍基地問題で揺れるいま、
政治家はどうあるべきなのか―――。



〇安保闘争の思想的リーダー
 丸山眞男の哀しき末路と思想的矛盾を明らかに

目次

第1章 安保闘争の倫理的リーダーの末路
    ――丸山眞男の霊言
1.「六〇年安保」を闘った二人の人物
2.丸山眞男の基本的思想とは
3.「現在の日本の政治」と「丸山理論」の関係
4.宗教や信仰について、どう考えているか

第2章 この国の未来のために信念を貫け
    ――岸信介の霊言
1.日米安保五十年の意味
2.政治家の信念、勇気、志について
3.東京裁判史観を見直すための鍵とは
4.私は日本の八百万の神々の一柱である
5.憲法改正と防衛力の強化について

お客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

商品情報

日米安保クライシス

丸山眞男vs.岸信介

・著者
大川隆法
・定価
1,320 円(税込)
・四六判 184頁
・発刊元
幸福の科学出版
・ISBN
978-4-86395-043-6
・発刊日
2010-05-17
・在庫
アリ
・発送日目安
1~3営業日後
ご注文が集中した場合は、出荷までに
お時間をいただくことがございます

・通常配送無料 詳細

数量:
カゴに入れる