TOP >大川隆法著作 > 短詩型・格はいく集(1)『魔境の中の光』

短詩型・格はいく集(1)『魔境の中の光』

・著者
大川隆法
1,980 円(税込)
・四六判 227頁
・発刊日
2022-02-11
・在庫
アリ
・発送日目安
1~3営業日後

・通常配送無料 詳細

数量:
カゴに入れる
たとえ何が
起こっても、
前へ。


一日のなかで、
永遠なるものの影が
横切った時、
その一瞬をとらえる。


五・七・五の定型に
とらわれずに、
その時の思いを
言い切る「格はいく」。


宗教家の日常と
霊的秘密をここまで
明かしていいのか?

〇妻や家族、そして
 身近な人とのひと時
 著者の新たな魅力に
 満ち満ちた句集
〇弟子も、身内も、
 あの人物も!?
 さまざまな生霊や
 悪魔とのリアルな戦い
〇真面目に、ユーモラスに、
 どこまでも慈悲深く
 心の修行の厳しさと
 奥深さを感じる人生訓
〇日本政治や世界情勢に
 ついて、ズバッと
 斬りこむ本音 他


2021年9月末から
2022年1月初めまでの
出来事を詠んだ219句



本屋さんからも、
 驚きと感動の声!


「大川総裁の生身感に驚きました。
 お得意のユーモアもたっぷりですね」
(旭屋書店 池袋店 50代)

「一読して俳句という枠組みを
 逸脱する自由さに驚き、二読して
 その内容の奔放さに感嘆」
(紀伊國屋書店 横浜店 40代)

「かつてなく庶民的な内容に
 度肝を抜かれました。しかし、
 油断していると社会に対する
 厳しいご指摘が飛んでくる」
(紀伊國屋書店 福岡本店 40代)

目次

コラム

片時も気を緩めることができない
宗教家の本心をズバッと表現

 
コラム挿絵「短詩型・格はいく集(1)『魔境の中の光』」
父・善川三朗氏(俳号『冬渦』)から著者に伝えられた、五・七・五にこだわらず思いを言い切る「格はいく」。この初の句集『魔境の中の光』が発刊された。ここには、著者が21年9月末~22年1月初めまでの出来事を詠んだ219句を収録。家族旅行などの句と並んで、生霊や悪魔との戦いや弟子への叱咤激励の句も。あとがきに「私の本心がズバッと出ているので肝の冷える人も多かろう」とあるように、著者の新たな一面がのぞく貴重な句集となっている。

お客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

  • 奥が深い

    ポンポンと短い詩や俳句で主のおことば読ませていただきましたがひとつひとつに重みがあり、へーと驚いたり、新鮮で、でも公案のテーマみたいな感覚で読ませていただきました。奥が深いように感じた一冊でした。何度も読み返しさせていただきます。ありがとうございます。

    2022/03/26 大阪府/40代/女性さんからの投稿 おすすめレベル:★★★★★

全て見る (件)

商品情報

短詩型・格はいく集(1)『魔境の中の光』

・著者
大川隆法
1,980 円(税込)
・四六判 227頁
・発刊元
幸福の科学出版
・ISBN
978-4-8233-0333-3
・発刊日
2022-02-11
・在庫
アリ
・発送日目安
1~3営業日後
ご注文が集中した場合は、出荷までに
お時間をいただくことがございます

・通常配送無料 詳細

数量:
カゴに入れる