TOP >一般書他 > 一般書 > なぜ宗教が必要か

  • 新着

なぜ宗教が必要か

HSU的思考で読み解く、宗教と学問のあるべき姿

・著者
金子一之
・定価
1,210 円(税込)
・四六判 224頁
・発刊日
2020-10-16
・在庫
アリ
・発送日目安
1~3営業日後

・通常配送無料 詳細

数量:
カゴに入れる
宗教に対する
6つのエポケー(判断中止)に、
終止符を。

学生との問答形式で、
宗教と学問の率直な疑問に答える!


○「奴隷の知性」に陥っていないか
○「魔術からの解放」の影響とは
○散骨やロボット僧侶の問題点とは
○宗教組織(サンガ)の意義とは
○神なき心理学は心の世界を説明できるのか
○唯物論的進化論の功罪 ほか



■■ 著者略歴 ■■
金子一之(かねこ・かずゆき)
1964年生まれ。駒澤大学経済学部経済学科卒業。武蔵野大学大学院修士課程修了。1990年より幸福の科学に奉職。幸福の科学指導局、ヤング・ブッダ渋谷精舎副館長、総本山・那須精舎館長などを経て現在、ハッピー・サイエンス・ユニバーシティ プロフェッサー。著書に『「自分の時代」を生きる』(幸福の科学出版)、『宗教対立を克服する方法』(HSU出版会)、共著に『人間幸福学のすすめ』、編著に『HSUテキスト1 創立者の精神を学ぶⅠ』『HSUテキスト2 創立者の精神を学ぶⅡ』、共編著に『HSUテキスト4 基礎教学A』『HSUテキスト8 基礎教学B』(いずれもHSU出版会)がある。

目次

第1章 宗教は知的ではない?
第2章 宗教組織に所属すると自由が奪われる?
第3章 宗教でほんとうに救われる?
第4章 宗教がなくても道徳で十分?
第5章 心理学は、宗教の代わりになる?
第6章 学問は、宗教を切り離すべきか?

お客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

商品情報

なぜ宗教が必要か

HSU的思考で読み解く、宗教と学問のあるべき姿

・著者
金子一之
・定価
1,210 円(税込)
・四六判 224頁
・発刊元
HSU出版会
・ISBN
978-4-8233-0221-3
・発刊日
2020-10-16
・在庫
アリ
・発送日目安
1~3営業日後
ご注文が集中した場合は、出荷までに
お時間をいただくことがございます

・通常配送無料 詳細

数量:
カゴに入れる