TOP > 大川隆法著作 > ハマトンの霊言 現代に知的生活は成り立つか

ハマトンの霊言 現代に知的生活は成り立つか

・著者
大川隆法
・定価
1,512 円(税込)
・四六判 165頁
・発刊元
幸福の科学出版
・ISBN
978-4-8233-0042-4
・発刊日
2018-11-14
               ※全国書店は、発刊日より順次発売です
・在庫
アリ
・発送日目安
1~3営業日後
ご注文が集中した場合は、出荷までに
お時間をいただくことがございます

送料について

数量:
カゴに入れる
スマホやネット、仕事と家庭……
限りある時間の中で、
「本物の智慧」を。


渡部昇一著『知的生活の方法』の
源流となり、若き日の著者にも
影響を与えたP・G・ハマトン。
情報化社会の現代において、
知的生活を確立するための秘訣を
深くわかりやすく解説。


ミレニアル世代(デジタル世代に育った人)
仕事論、生活論、そして人生論

▽良書を読むことの大切さと
 時間を無駄にしない見切り方
▽現代人が見落としがちな
 「情報」と「智慧」の違いとは
▽美や芸術の分野においても
 知的鍛錬と努力の継続が必要




■■ フィリップ・ギルバート・ハマトンの人物紹介 ■■
1834~1894年。作家、美術評論家、芸術家。イギリスのランカシャー出身。当初は画家を目指していたが、1862年発刊の『A Painter's Camp in the Highlands』が、イギリスのみならずアメリカでも売れ、その後、美術雑誌「The Portfolio」の編集責任者としても大成功する。生涯にわたって数多くの著作を出版し、1873年に発刊した『知的生活』は版を重ね、日本の教科書にもよく使われてきた。

目次

まえがき

1 国家の最盛期に読まれる名著とは
2 頭の「錆びつき」を防ぐ努力の仕方
3 歴史を超える実践者の智慧
4 時間の無駄遣いをやめる方法
5 「二種類の知」の見分け方
6 決定的に大事なものは「公明正大さ」
7 知的生活によい友人と伴侶の選び方
8 美的生活にも必要な知と努力
9 現代女性にとっての知的生活
10 現代に転生していたハマトン
11 ハマトンの霊言を終えて

あとがき

お客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

数量:
カゴに入れる