TOP > 大川隆法著作 > 公開霊言 > 艮の金神と出口なおの霊言

艮の金神と出口なおの霊言

大本教の主宰神と開祖の真実に迫る

・著者
大川隆法
・定価
1,512 円(税込)
・四六判 217頁
・発刊元
幸福の科学出版
・ISBN
978-4-86395-813-5
・発刊日
2016-07-26
・在庫
アリ
・発送日目安
1~3営業日後
ご注文が集中した場合は、出荷までに
お時間をいただくことがございます

送料について

数量:
カゴに入れる
昭和10年に起きた宗教史に遺る弾圧事件
大本教は、なぜ
国から大弾圧を受けたのか。


〇終末予言の問題点を客観的に検証
〇開祖が語る当時の真相と現在の心境とは
〇祟り神か? 建国の神か?艮の金神の正体


弾圧を招く「反政府運動」と
未来を拓く「本当の革命」――
その違いがわかる貴重なテキスト。


真実を探るなかで明らかになる、
 現代の過激化する環境保護団体や
 反戦運動グループとの
 驚くべき繋がりとは――!?


■■ 出口なおの人物紹介 ■■
1837~1918年。大本教開祖。現在の京都府福知山市の桐村家に生まれ、1853年に出口家の養女となる。19歳のときに大工の出口政五郎と結婚し、三男五女をもうけるも、その養育に苦労する。1892年、「艮の金神」が神がかり、自動書記によって「お筆先」を書き留めるようになる。その後、出口王仁三郎によって漢字が当てられ、大本の根本教典『大本神諭』として発表された。

■■ 艮の金神 ■■
古くから陰陽道に伝えられる猛悪の祟り神。「艮」とは東北の方角で鬼門に当たり、「金神」とは祟り神のこと。

目次

まえがき
第1章 出口なおの霊言
 1 大本教開祖・出口なおを招霊し、「大本弾圧」の真相を訊く
 2 大本教はどのような時代背景のなかで広がったのか
 3 なぜ大本教の「革命思想」は弾圧されたのか
 4 出口なおは今、霊界で“岩戸隠れ”をしている! ?

第2章 艮の金神の霊言
 1 鬼門を意味する「艮の金神」の役割とは
 2 艮の金神と国之常立神は同一の神ではない! ?
 3 「お立直し」とは結局、何だったのか
 4 艮の金神の正体に迫る
 5 現代でも「原始に帰れ」という運動を指導している
 6 明らかになった幸福の科学と大本教の「革命の違い」
あとがき

お客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

数量:
カゴに入れる