「人間学概論」講義

人間の「定義と本質」の探究

・著者
大川隆法
・定価
1,620 円(税込)
・四六判 125頁
・発刊元
幸福の科学出版
・ISBN
978-4-86395-540-0
・発刊日
2014-09-04
・在庫
アリ
・発送日目安
1~3営業日後
ご注文が集中した場合は、出荷までに
お時間をいただくことがございます

送料について

数量:
カゴに入れる
「人間とは何か」
その問いに答える衝撃の一書。

人間は、何のために存在しているのか。
人間は、何のために社会や国家をつくっているのか。
人間は、動物やロボットと何が違うのか。

現代の哲学や仏教学が忘れ去り、
医学や宗教が扱いたがらない
「魂」の存在を学問的に論じ、
「人間とは何か」を定義する―――。



【大学シリーズ NO.48】

目次

まえがき
1 「人間の定義」や「人間学」をいかに考えるか
2 人間とは、「魂と肉体が合体した存在」
3 物質化現象・霊言・人魂から「魂の存在」について考える
4 性質や社会の形態から「人間」を定義する
5 人間は、幸福になる権利と義務を持っている
あとがき

お客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

  • おどろきの内容!

    人間の定義から書かれていたことに、まず驚いた。
    「人間の定義って何ですか?」と問われて、
    こんなに明確に定義できる人はいるだろうか。

    さらに本書では、その人間が「幸せに生きるために何が大事なのか」について書かれている。
    「自由」の大切さを学ぶことの出来る素晴らしい本だと思う。

    2018/08/30 愛知県/30代/女性/教員さんからの投稿 おすすめレベル:★★★★★

全て見る (件)
数量:
カゴに入れる