神秘学要論

「唯物論」の呪縛を超えて

・著者
大川隆法
・定価
1,620 円(税込)
・四六判 125頁
・発刊元
幸福の科学出版
・ISBN
978-4-86395-506-6
・発刊日
2014-08-04
・在庫
アリ
・発送日目安
1~3営業日後
ご注文が集中した場合は、出荷までに
お時間をいただくことがございます

送料について

数量:
カゴに入れる
神秘の世界を探究する―――
そこに人類の未来を拓く「鍵」がある。


近代哲学や科学が見失った
神秘思想を体系化・学問化。
比類なき霊能力と知性が
可能にする「新しき神秘学」。



▽現代科学の限界と唯物論の危険性、
 そして、「霊的人生観」を持つ大切さ 
▽ソクラテス、プラトン、デカルトも
 自らの霊的体験から真理を探究した
▽270冊を超える「公開霊言」シリーズが
 証明しつづける霊界の実在



【大学シリーズ NO.26】

目次

まえがき
1 宗教的な「概念」や「定義」を整理する
2 霊的影響を受けた場合のコントロール法とは
3 幸福の科学の「霊言」の特徴とは
4 「科学」と「霊界思想」の橋渡しをする力とは
あとがき

お客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

  • 神秘力を引いてくるために

    イエスが「聖書」で言っているように、
    「心清き者」になることが、神秘的な力を感じるために必要なことなんだと学びました。

    謙虚さ、素直さ、献身、そういった透明感ある心を保つこと、
    それが、神秘力を引いてくる根源だと感じました。

    2018/09/01 愛知県/30代/女性/教員さんからの投稿 おすすめレベル:★★★★

  • 信用の創造

    会社においても、銀行においても、「信用の創造」が非常に大事なことであると学んだ。
    目に見えないものを証明するためにも、「信用の創造」が必要だ。
    活動の中で証明していかなくてはならないと思った。

    2018/08/31 福岡県/30代さんからの投稿 おすすめレベル:★★★★★

  • 理解できた!

    魂の兄弟と守護霊の仕組み及びあの世の構造について理解出来ました。

    2015/06/02 群馬県/70代さんからの投稿 おすすめレベル:★★★★★

全て見る (件)
数量:
カゴに入れる