禅について考える

『黄金の法』講義(4)

・著者
大川隆法
・定価
1,620 円(税込)
・四六判 119頁
・発刊元
幸福の科学出版
・ISBN
978-4-86395-530-1
・発刊日
2014-09-02
・在庫
アリ
・発送日目安
1~3営業日後
ご注文が集中した場合は、出荷までに
お時間をいただくことがございます

送料について

数量:
カゴに入れる
“念仏による救済”への道を示した「念仏宗」に対して、
悟りを求める“努力・精進”を重視した「禅宗」―――。

栄西と道元の“悟り”と“修行論”を読み解き、
禅宗が日本の歴史や文化に与えた影響を検証する。



【大学シリーズ NO.39】

目次

まえがき
1 建仁寺を開いた臨済宗の開祖・栄西
2 入山早々、比叡山の教えに疑問を持った道元
3 宋に留学し、曹洞宗に出合う
4 道元が悟った「身心脱落」の境地とは
5 「かたち」にこだわりすぎる禅宗の問題点
6 禅は本来、「天上界との交流」を目指していた

お客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

数量:
カゴに入れる