他力信仰について考える

『黄金の法』講義(3)

・著者
大川隆法
・定価
1,620 円(税込)
・四六判 156頁
・発刊元
幸福の科学出版
・ISBN
978-4-86395-527-1
・発刊日
2014-09-01
・在庫
アリ
・発送日目安
1~3営業日後
ご注文が集中した場合は、出荷までに
お時間をいただくことがございます

送料について

数量:
カゴに入れる
阿弥陀信仰とは、
仏の「救済的側面」の現れである。

他力信仰は、釈尊の教えから見て正しいか。
源信、法然、親鸞の生涯と思想を読み解き、
仏教の寛容な教えの深遠さを学ぶ―――。



念仏を唱えれば、誰でも救われるのか?
他力信仰の全体像と問題点を明らかにした一書。


【大学シリーズ NO.37】

目次

まえがき
1 はじめに
2 エル・カンターレと阿弥陀信仰の関係
3 日本に伝えられた他力信仰
4 源信と『往生要集』
5 「浄土三部経」と法然
6 親鸞の生涯
7 親鸞の思想

お客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

数量:
カゴに入れる