霊性と教育

公開霊言 ルソー・カント・シュタイナー

・著者
大川隆法
1,320 円(税込)
・四六判 160頁
・発刊日
2010-07-07
・在庫
アリ
・発送日目安
1~3営業日後

・通常配送無料 詳細

数量:
カゴに入れる
唯物論の呪縛から、
自由になる時代がきた。


なぜ現代教育は宗教思想を排除したのか。
知識のみに偏った日本の教育について、
思想界にそびえ立つ巨人たちが問題提起。
霊的世界を肯定する教育が、
堂々と語られる時代が来たのだ。



〇ゆとり教育はルソーの教育論の誤解からはじまった!?
〇カントが宗教と学問を分けた真意とは
〇いじめ、不登校に悩む方へ、シュタイナーからのメッセージ



◇◇ 霊言・守護霊霊言とは ◇◇
「霊言現象」とは、あの世の霊存在の言葉を語り下ろす現象のことをいう。これは高度な悟りを開いた者に特有のものであり、「霊媒現象」(トランス状態になって意識を失い、霊が一方的にしゃべる現象)とは異なる。外国人霊の霊言の場合には、霊言現象を行う者の言語中枢から、必要な言葉を選び出し、日本語で語ることも可能である。

また、人間の魂は原則として六人のグループからなり、あの世に残っている「魂のきょうだい」の一人が守護霊を務めている。つまり、守護霊は、実は自分自身の魂の一部である。したがって、「守護霊の霊言」とは、いわば本人の潜在意識にアクセスしたものであり、その内容は、その人が潜在意識で考えていること(本心)と考えてよい。

目次

第1章 啓蒙思想の真意を語る(ルソーの霊示)
1.学問や教育の問題を、三人の高級霊に問う
2.ルソーは「ゆとり教育」をどう見るか
3.ルソーが自分の子供を教育しなかった理由
4.「教育の無償化」の是非
5.日本の「新しい教育」に必要なものとは
6.「一般意志」という言葉の真意

第2章 宗教と学問の関係について(カントの霊示)
1.カントが宗教を学問の対象としなかった理由
2.学問が宗教から切り離された歴史的背景
3.カント哲学の本質
4.幼児教育へのアドバイス

第3章 今こそ宗教教育の解放を(ルドルフ・シュタイナーの霊示)
1.「霊性」と「教育」の関係
2.神秘の世界からこの世を見る
3.不登校についてのアドバイス

お客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

商品情報

霊性と教育

公開霊言 ルソー・カント・シュタイナー

・著者
大川隆法
1,320 円(税込)
・四六判 160頁
・発刊元
幸福の科学出版
・ISBN
978-4-86395-054-2
・発刊日
2010-07-07
・在庫
アリ
・発送日目安
1~3営業日後
ご注文が集中した場合は、出荷までに
お時間をいただくことがございます

・通常配送無料 詳細

数量:
カゴに入れる