TOP >大川隆法著作 > 自助論の精神

自助論の精神

「努力即幸福」の境地を目指して

・著者
大川隆法
1,760 円(税込)
・四六判 171頁
・発刊日
2020-11-20
・在庫
アリ
・発送日目安
1~3営業日後

・通常配送無料 詳細

数量:
カゴに入れる
昨日よりも今日、
今日よりも明日――

運命に立ち向かい、
打ち克っていく力を。



人生を好転させる智慧とは。
この国を復活させる鍵とは。
先の見えない混沌の時代を
生きる私たちに、いま
必要なマインドは、これだ。


自分の運命と未来を、
創りだしていく喜び

◇「嫉妬するかわりに
祝福する」ことの大切さ
◇高学歴でも出世しない
4つの落とし穴
◇成功したら運、
失敗したら自分の責任
◇謙虚な心がなければ
成功は続かない
◇組織の上に立つ者の
大切な心構え
◇淡々と仕事をこなす
習慣を身につける
◇うぬぼれたら、
そこから脱落がはじまる
◇凡人の自覚から
非凡への高みへ
◇幸福の科学の
自助努力と発展の軌跡

目次

まえがき

第1章 「平凡からの出発」の真意を語る ─『私の人生論』講義─
 1 「平凡からの出発」の精神とは
 2 嫉妬するかわりに祝福せよ
 3 成功したら運がよかったと思い、失敗したら自分の責任だと思え
 4 機械的に働く習慣を身につけよ
 5 凡人性を自覚し、脱却する努力を

第2章 「小さな源流」から「新しい歴史の始まり」へ ─『われ一人立つ。 大川隆法第一声』講義─
 1 幸福の科学立宗当初を振り返って
 2 霊言集発刊の際の努力と忍耐
 3 自らの思想を世に問う苦労と信用づくり
 4 学者や評論家との戦い
 5 公的な権威を持ちつつある幸福の科学
 6 宗教が国や文明の柱であることを立証する

あとがき

コラム

どんな環境であっても
日々の努力が困難を打ち砕く

 
コラム挿絵『自助論の精神』
コロナ禍で先が見えない時代だからこそ、政府ばかりあてにせず、自らの力で運命を切り拓いていく自助努力が求められている。こうしたなか、『私の人生論』と『われ一人立つ。大川隆法第一声』の講義内容を収録した『自助論の精神』が発刊された。どんな困難も、あたりまえのことを継続し、智慧と努力によって克服できることを、著者の経験を踏まえ、具体的に述べている。個人の幸福のためにも国の繁栄のためにも、いままさに必要な考え方といえよう。

お客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

  • 世界のトップを目指す気概

     志を高く持って、自助努力の精神で道を開く気概が何よりも大事だと思う。これ無くして、現実には何においても発展繁栄は無いと思う。これ無くしては、物事は衰退していくばかりだと思う。
     
     この国際間の競争の激しい時代にあっては、世界のトップを目指すという気概が必要ではないだろうか。何らかの分野で、日本一になったとしても、それが世界では、トップ10はおろか、トップ30にも入らないようものであったのでは、あまり価値がないように思うのだ。
     
    日本一になるものは、必然世界のトップになるものでなくてはならないのだ。

     今の時代にあっては、世界のトップを目指すという気概が無ければ、真に価値高きもの、真に質の高いものは創造できないのではないかと思う。それが熱意を持って物事に打ち込む原動力にもなる。世界のトップを目指すという志を持つ時、はじめて見えてくるものがある。これは、そこそこでよいでは決して見えてこないものである。
     
     何となく今の日本に漂っているような、世界のなかで現状の地位、そこそこの地位を保てればよいという程度の感じでは、実際には、国としてはどんどん下っていく運命にあるように思う。

    2021/07/08 繊細かつ粗いさんからの投稿 おすすめレベル:★★★★★

全て見る (件)

商品情報

自助論の精神

「努力即幸福」の境地を目指して

・著者
大川隆法
1,760 円(税込)
・四六判 171頁
・発刊元
幸福の科学出版
・ISBN
978-4-8233-0227-5
・発刊日
2020-11-20
・在庫
アリ
・発送日目安
1~3営業日後
ご注文が集中した場合は、出荷までに
お時間をいただくことがございます

・通常配送無料 詳細