TOP > 大川隆法著作 > P.F.ドラッカー「未来社会の指針を語る」

  • ベストセラー
  • 新着

P.F.ドラッカー「未来社会の指針を語る」

・著者
大川隆法
・定価
1,650 円(税込)
・四六判 131頁
・発刊日
2020-05-15
・在庫
アリ
・発送日目安
1~3営業日後

・通常配送無料 詳細

数量:
カゴに入れる
コロナ恐慌に
打ち克つ、
新しい経営を。


未来社会を私たちは
どう開いていくべきか。

中国発のコロナ恐慌が
迫りつつある、いま
日本が取るべき対策を、
「マネジメントの父」が
天上界からメッセージ。


◇このままでは数十万件以上の倒産、
 一千万人単位の失業者、そして、
 何万人もの自殺者が出る恐れも
◇首相や知事が「感染症の専門家の意見」に
 責任を振りかえるのは限界がきている
◇トランプなら中国への
軍事攻撃は6月にもあり得る
◇安倍首相の米中
“両天秤政策”は破綻した
 日本は中国への投資を
引き上げ、国内回帰を
◇いま必要なのは、新しい雇用を
創造できる力強いリーダー
◇政府による統制型の対応では
デフレ・スパイラルに陥る
 民間の力で「新しい富の創造」を



■■ P.F.ドラッカーの人物紹介 ■■
1909~2005年。オーストリア生まれの経営学者、社会生態学者。『現代の経営』『イノベーションと企業家精神』などの数多くの著作は、世界の企業経営者に大きな影響を与え、その業績から、「マネジメントの父」と称される。

目次

まえがき

1 ドラッカー霊に日本と世界の危機的状況について訊く
2 コロナ・パンデミックは「ウィルス戦争」なのか
3 日本経済への影響を予測する
4 危機の時代のリーダーの条件
5 コロナ不況の被害はどこまで広がるか
6 これからの日本の舵取りはどうすべきか
7 仏法真理に基づく「新しい経済学・経営学」

あとがき

コラム

報道だけでは絶対にわからない
コロナ時代の世界動向と不況対策

 
コラム挿絵『P.F.ドラッカー「未来社会の指針を語る」』
いまコロナ禍での経済再建に世界中が頭を悩ませている。これについて、“マネジメントの父”であるドラッカーが対処法を語った。危機の時代に必要なリーダーの資質、裏で起きている米中の熾烈な覇権争い、トランプの中国への反撃など、世界のパワーバランスを踏まえながら、このウィルス戦争のゆくえを予測。日本に対しては、中国依存からの脱却や新しい財閥の輩出などを提唱し、政府の統制経済ではなく、民間による「富の創造」の必要性を強調した。

お客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

商品情報

P.F.ドラッカー「未来社会の指針を語る」

・著者
大川隆法
・定価
1,650 円(税込)
・四六判 131頁
・発刊元
幸福の科学出版
・ISBN
978-4-8233-0179-7
・発刊日
2020-05-15
・在庫
アリ
・発送日目安
1~3営業日後
ご注文が集中した場合は、出荷までに
お時間をいただくことがございます

・通常配送無料 詳細