TOP > 大川隆法著作 > 公開霊言 女優・樹木希林

公開霊言 女優・樹木希林

ぶれない生き方と生涯現役の秘訣

・著者
大川隆法
・定価
1,512 円(税込)
・四六判 161頁
・発刊元
幸福の科学出版
・ISBN
978-4-8233-0036-3
・発刊日
2018-09-28
・在庫
アリ
・発送日目安
1~3営業日後
ご注文が集中した場合は、出荷までに
お時間をいただくことがございます

送料について

数量:
カゴに入れる
「死んだら、やっぱり
あの世はあったよ」



絶妙な演技と比類なき存在感によって、
多くのひとに愛された大女優・樹木希林さん。
その死から2日目に収録された、
優しさと温かさに溢れたメッセージ。


〇75歳まで第一線で活躍した演技論と仕事論
〇老いること、病気のこと、そして死ぬこと
〇旅立つ前に伝えたい、みなさまへの感謝の思い



■■ 樹木希林の人物紹介 ■■
1943~2018年。女優。東京都出身。1961年、文学座附属演劇研究所で女優活動を始動。テレビドラマ「時間ですよ」「寺内貫太郎一家」等に出演し、個性派女優として注目を集める。映画「東京タワー~オカンとボクと、時々、オトン~」「わが母の記」で日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞。また、映画「あん」では、日本人初のアジア太平洋スクリーン・アワード女優賞受賞など、海外に至るまで数々の映画賞を受賞した。2008年に紫綬褒章、14年に旭日小綬章を受章。夫はロック歌手の内田裕也、娘は女優の内田也哉子、娘婿は俳優の本木雅弘。

目次

まえがき
1 自然で人間味ある演技の秘密
2 生涯現役って、いい言葉
3 ぶれない心
4 役者の七つ道具
5 お天道様みたいな気持ち
6 やっぱり、あの世はあったよ
7 樹木希林の過去世
8 生前の本人そのままだった樹木希林の霊言
あとがき

コラム

魂があることの証明をしてくれた
平成の大女優からのメッセージ

 
コラム挿絵『公開霊言 女優・樹木希林』
75歳の生涯を終えた2日後、大女優の霊が自ら来訪。「来てしまいました。ごめんなさいねぇ」という一声ではじまり、「魂の存在を実証したい」という思いにあふれた霊言である。「ガンになっても、神様のおかげで仕事ができた」「神様のためにお役に立ちたいと思っていた」と、感謝と信仰に彩られた日々。さらに、病気とのつきあい方、生涯現役の秘訣、不遇時代の心の持ち方など、人生の達人ならではのメッセージばかり。高齢社会に寄り添った珠玉の一書となった。

お客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

  • 本当に嬉しかった。

    樹木さんは他の芸能人にはない一段上の方だとTVの発言などを聞いていて思っていた。
    宗教的なお言葉を心に刻むように聞いている自分がいました。
    亡くなったときはショックでしたが、「もしかして霊言が出たら良いな」と心の中で思っていたので本当に嬉しかった。

    2018/10/04 匿名さんからの投稿 おすすめレベル:★★★★★

全て見る (件)
数量:
カゴに入れる