人生の発見

説法自由自在 1

・著者
大川隆法
・定価
1,290 円(税込)
・四六判 
・発刊元
幸福の科学出版
・ISBN
978-4-906282-28-9
・発刊日
1989-09-25
・在庫
アリ
・発送日目安
1~3営業日後
ご注文が集中した場合は、出荷までに
お時間をいただくことがございます

送料について

数量:
カゴに入れる

目次

まえがき

第1 章 安らかな心で生きる
1 正しい心を持ちつづけるには
 人間は地獄から生まれ変わることはない
 自由意思と悪の発生
 反省の必要性
 反省の基準
2 真の反省と悩みからの脱出
 執着と反省は違う
 やたらに動いて傷口を広げない
 不幸を口にしない
 あぶらを塗って水をはじく
 悩みの渦中にあるときは勉強をせよ
3 悩みの持ち越しと反省について
 自分の自由になることと、ならないことがある
 他人の心は自由にならない
 問題を棚上げする方法
4 反省の方法と自己確立
 まず自分に自信を付ける
 自己確立の必要性
5 過去の過ちから自由になる
 反省という方法
 前後際断という方法
6 反省の発展段階
 ワンルームマンション型の反省
 弱々しい善人になってはいけない
 反省と使命
7 笑いと笑顔の効用
 明るい振る舞いが心を明るくする
 笑顔は敵意を消す最大の方法
 笑顔をつくると天上界の光を受けやすくなる
 消極的笑顔と積極的笑顔
8 感謝と与える愛について
 足ることを知る
 感謝から与える愛へ

第2 章 愛あふれる家庭をつくるために
1 理想の結婚をするには
 自分に合った時期がある
 縁結びによる、この世での縁の発生
2 天上界での結婚の約束
 過去世で縁があった場合が多い
 今世で発生する縁もある
 真理の修行者と結婚
 新たな、よい縁をつくっていく
3 夫婦調和のために
 相手のなかにある仏性を拝み出す
4 子宝に恵まれるには
 過去世のカルマ
 親子の約束
 計画の変更はありうる
 権利意識の強い女性は子供が授からないことが多い
5 子供の教育法(1)
 子供にも魂の傾向性の原形がある
 親子の霊的な関係
 魂の根元的な願い
 親自身の努力
6 子供の教育法(2)
 子供は素直である
 感謝を中心に教える
 感謝の次に報恩を教える
7 子供の教育法(3)
 生命の永遠性を教える
 愛深く生きることを教える

第3 章 霊についての正しい知識を持とう
1 守護・指導霊とは
 指導霊は必ずしも付かない
 守護霊は自分の魂の一部である
2 守護神と守護霊の違い
 守護神とは
 守護神はどういう場合に付くか
3 悟りと霊能力との関係
 霊界と同通することは原則としてだれでも可能
 自覚していない霊能者もいる
 霊界と同通するには守護霊の許可が要る
 他力的に霊界と同通した場合の危険性
4 高級霊と悪霊を見分ける方法
 まず自分の過去をふり返ってみる
 言っている内容のレベルはどうか
 言うことに矛盾、混乱がないか
 悪霊に対しては相手にしないこと
 自分自身の人格が向上しているか
 霊の声の聞こえ方
 無執着の境地が大切
5 男性霊と女性霊の秘密(1)
 永い転生の過程では性の転換もありうる
 霊的認識の高さと性別
 魂の傾向性と男女の性別
 本来、霊的には男女の別はない
6 男性霊と女性霊の秘密(2)
 性別は転生輪廻の過程で固まった意識である
 本来の魂の創られ方
7 実在界での霊人の姿について
 原則としては、いちばん新しい姿をしている
 念いによって姿は変えられる
 念の力
 年齢は自由自在である
8 肉体先祖と徳について
 徳は個人に帰属するのが原則
 徳の高い人は、徳の高い家に生まれることが多い
 徳の高い先祖からの指導がありうる
 光の天使は一代限りになることが多い
 聖職者の家には非行の子供が出やすい
 光の天使の家庭は悪霊にねらわれやすい

第4 章 生まれ変わりの神秘
1 生まれ変わりと人生計画
 人生計画の密度は霊格によって異なる
 生まれ変わりの池
 天上界での生まれ変わり計画の立案
 霊格と人生計画
 計画と実人生のずれ
2 人間の寿命と宿命
 若くして地上を去る魂は必ずしも高級霊とはかぎらない
 地上の不自由さと人生の醍醐味
 人生計画は各人の魂修行に合わせて立てる
 人生計画とカルマの刈り取り
3 人生における苦しみの意味
 人生での苦しみは魂の磨きとなる

第5 章 時間と空間の不思議
1 次元とは何か
 一次元から三次元
 四次元の世界
 五次元と六次元
 七次元から十次元まで
2 四次元以降の世界の時間感覚
 時間感覚の多様性
 未来については決定事項と未決定事項がある
 九次元、十次元の時間の感覚
3 なぜ地獄ができたのか
 地獄の歴史
 地獄の存在理由

第6 章 現代的職業観
1 仕事能率を上げる
 「忙しい」と言う人は仕事のできない人
 時間の使い方で勝負する
 即断即決の効用
 仕事のスピードは真理伝道に生きる
2 経済的利益と奉仕について
 まず仕事を選ぶ
 循環する利益
 発展的な利益の運用
 どのような仕事にも意味はある
 利潤をより有用なものに還元してゆく
 よりよきもののために奉仕する心
 人生の王道としての幸福の分配
3 バイオリズムと発想の切り換え
 順境のときは先行投資型の発想と行動をする
4 夜型生活の問題点
 人類の魂の奥にある朝型生活の記憶
 夜型生活の短所(1)-肉体的に不健康になる
 夜型生活の短所(2)-夜は悪霊が跳梁する

あとがき

お客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

  • 仕事に役立つ考え方

    仕事のヒントになる考え方が、満載でした。

    「物事には、自分の自由になることと、ならないことがある」
    自由になることについては、考えてもいいが、
    自由にならないことについては、一旦棚上げしておくことも大事、

    という言葉で、仕事上の悩みが軽くなりました。

    2018/07/28 愛知県/30代/女性/教員さんからの投稿 おすすめレベル:★★★★

全て見る (件)
数量:
カゴに入れる