TOP > 大川隆法著作 > 公開霊言 > 蓮舫の守護霊霊言

蓮舫の守護霊霊言

“民進党イメージ・キャラクター”の正体

・著者
大川隆法
・定価
1,512 円(税込)
・四六判 213頁
・発刊元
幸福実現党
・ISBN
978-4-86395-835-7
・発刊日
2016-09-15
・在庫
アリ
・発送日目安
1~3営業日後
ご注文が集中した場合は、出荷までに
お時間をいただくことがございます

送料について

数量:
カゴに入れる
「中国が1位で日本が2位――
 それでいいじゃないですか」


日米同盟も、天皇制も、
経済成長も必要ない!?
日本は、中国にのみ込まれても
かまわない!?

安倍政権が、いま最も恐れる
民進党の切り札―――
その驚くべき本音と
危うい国家ビジョンが明らかに。



安倍政権は国家社会主義へ。
 民進党なら国家滅亡の危機へ。



■■ しゅ・ご・れい【守護霊】 ■■
人間の潜在意識のことで、あの世から地上にいる人を守る過去世の魂。タテマエではない本音を語る性質がある。

目次

まえがき
1 民進党の「顔」・蓮舫氏の守護霊を招霊する
2 いきなり「結論」に入る蓮舫氏守護霊
3 蓮舫人気で民進党は浮上するのか?
4 蓮舫氏が日本のトップに立てば「アジアは一つになる」! ?
5 自民党と民進党、どちらが日本を護れるのか
6 「憲法改正」「天皇の生前退位問題」について本音を訊く
7 経済政策も、やはり「中国シフト」なのか
8 蓮舫氏守護霊が語る「宗教観・信仰観」
9 中国寄りの思想を持つ蓮舫氏の「過去世」とは
10 日本人は「隷従」と「自由」のどちらを選ぶのか
あとがき

お客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

  • 恐怖の女大王現れる

    「鋼の男」安部氏が気炎を上げたかと思えば、「鉤十字」の匂いを漂わせた蓮舫氏の登場とは恐れいりました。
    あのスパッと切れるワンフレーズで国民を酔わそうとしている姿を見るとどうしてもドイツの貧乏画家が頭をよぎります。
    このような勢力に対して「鉄のカーテン」を敷くには先ずは鉤十字を倒すのに全力を挙げねばならないのだろうなと感じました。
    日本はかつての英国のような辛い勝利を掴まされるのではないかと心配でなりません。
    自由という夢を忘れなければ必ず幸福を実現できるものだと楽観的に考えていきたいですね。

    2016/10/12 山梨/20代さんからの投稿 おすすめレベル:★★★★★

  • 情けない。

    恐ろしい人が出て来たものだ。この人は根から中国人。日本人ではない。国籍の問題じゃない。この人が首相になれば言うだろう。「皇室なんか必要ないんじゃないですか。要らないですよね?」皇室がなくなれば、日本民族は滅びる。かなりの反作用が日本全国を襲うだろう。やはり、と思った。思っていた通りの人だった。あんな器のない人にふり回されてはたまらない。あのような女性が政党の代表になれるほどできる人がいないのですね。情けない。

    2016/10/07 東京都/60代/女性/パートさんからの投稿 おすすめレベル:★★★★★

全て見る (件)
数量:
カゴに入れる