人間学の根本問題

「悟り」を比較分析する

・著者
大川隆法
・定価
1,650 円(税込)
・四六判 135頁
・発刊日
2014-09-10
・在庫
アリ
・発送日目安
1~3営業日後

・通常配送無料 詳細

数量:
カゴに入れ  る
世界宗教の開祖「イエス」と
「釈尊」の悟りを比較分析。

西洋と東洋に分かれた宗教文明を、
その根本まで遡り、融合・統一する驚愕の書。


「魂の存在」を学問的に探究し、
「神近き人間」の生き方を分析。
無神論・無霊魂説に傾いた
現代の学問に警鐘を鳴らす!



【大学シリーズ NO.52】

目次

まえがき
1 「人間学」を掘り下げ「神近き人間」を分析する
2 「神のそば近くにある人」とは
3 神から選ばれし者としての宗教家・イエス
4 修行して「悟り」を開いた宗教家・仏陀
5 仏陀・救世主・預言者の「悟り」を比較分析する
6 宗教の違いを乗り越える「世界宗教性」を完成させたい
あとがき

お客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

商品情報

人間学の根本問題

「悟り」を比較分析する

・著者
大川隆法
・定価
1,650 円(税込)
・四六判 135頁
・発刊元
幸福の科学出版
・ISBN
978-4-86395-544-8
・発刊日
2014-09-10
・在庫
アリ
・発送日目安
1~3営業日後
ご注文が集中した場合は、出荷までに
お時間をいただくことがございます

・通常配送無料 詳細