TOP > 大川隆法著作 > 公開霊言 > 新宗教・スピリチュアル > 「煩悩の闇」か、それとも「長寿社会の理想」か 瀬戸内寂聴を霊査する

「煩悩の闇」か、それとも「長寿社会の理想」か 瀬戸内寂聴を霊査する

・著者
大川隆法
・定価
1,540 円(税込)
・四六判 
・発刊日
2014-05-12
・在庫
アリ
・発送日目安
1~3営業日後

・通常配送無料 詳細

数量:
カゴに入れ  る
なぜ「愛欲小説」を描きつづけるのか?
「脱原発」に執念を燃やす理由とは?


日本天台宗の尼僧にして90歳をこえて、いまだ現役。
その恋愛観、人生観、国家観に迫る。

煩悩を肯定するその信仰は人びとを救うのか?
愛欲や名誉欲の先に「悟り」があるのか?

宗教ジャーナリズムが、「真実」を検証する。

目次

まえがき
1. 日本天台宗の広告塔、瀬戸内寂聴氏守護霊に訊く
2. 「日本天台宗のスター」を自称
3. 「愛欲なくして仏教なし」と豪語
4. 「仏教の本質」に関する“迷言”
5. 「地獄と極楽」が倒錯した世界観
6. 「魔即人間」「魔即仏」という極言
7. 「反原発」の本当の狙いとは? 
8. 寂聴版『源氏物語』もノーベル賞狙い?
9. 「最澄と夫婦だった」と繰り返す
10. 瀬戸内寂聴氏のあいまいな「過去世」
11. 日本天台宗から「頼まれていること」とは 
12. 瀬戸内寂聴氏守護霊の霊言を終えて
あとがき

お客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

  • 語るに落ちる。質問に答えても落ちてるが。

    「天台宗が日本に入ってきた以上、それは中国のもの、「属国」なのよ、日本も。とっくになってるのよ」「日本が滅べばいい。それが仏教」とあった。
    天台宗、おわった。果実が悪すぎる。
    仏陀の前でウソはつけないものだと思った。

    2019/06/25 無名の人さんからの投稿 おすすめレベル:★★★★

  • 有名人は発言に責任を持て

    私は真面目人間なので、特に有名人には発言に責任を持ち、真理の探究に努めてほしいと思っている。表現や言論の自由以前の問題であると思う。

    2015/09/03 新潟県/70代/男性さんからの投稿 おすすめレベル:★★★★★

全て見る (件)

商品情報

「煩悩の闇」か、それとも「長寿社会の理想」か 瀬戸内寂聴を霊査する

・著者
大川隆法
・定価
1,540 円(税込)
・四六判 
・発刊元
幸福の科学出版
・ISBN
978-4-86395-464-9
・発刊日
2014-05-12
・在庫
アリ
・発送日目安
1~3営業日後
ご注文が集中した場合は、出荷までに
お時間をいただくことがございます

・通常配送無料 詳細