TOP >大川隆法著作 > 公開霊言 > 政治家・官僚(国内) > 危機の時代の国際政治

危機の時代の国際政治

―― 藤原帰一東大教授守護霊インタビュー ――

・著者
大川隆法
1,540 円(税込)
・四六判 181頁
・発刊日
2014-05-01
・在庫
アリ
・発送日目安
1~3営業日後

・通常配送無料 詳細

数量:
カゴに入れる
対アメリカ・ロシア・中国・韓国・北朝鮮―――
いま、国際政治学が発信すべき
「日本外交の指針」とは何か。

メディアには語ることのない本音対談が実現!


安倍政権への懸念、中韓の反日外交、
北朝鮮のミサイルと拉致問題、日米同盟の未来……
学界のしがらみや建前論を超えて、いま。
東大の現役教授の守護霊と日本外交を語りあう。




◇◇ 霊言・守護霊霊言とは ◇◇
「霊言現象」とは、あの世の霊存在の言葉を語り下ろす現象のことをいう。これは高度な悟りを開いた者に特有のものであり、「霊媒現象」(トランス状態になって意識を失い、霊が一方的にしゃべる現象)とは異なる。外国人霊の霊言の場合には、霊言現象を行う者の言語中枢から、必要な言葉を選び出し、日本語で語ることも可能である。

また、人間の魂は原則として六人のグループからなり、あの世に残っている「魂のきょうだい」の一人が守護霊を務めている。つまり、守護霊は、実は自分自身の魂の一部である。したがって、「守護霊の霊言」とは、いわば本人の潜在意識にアクセスしたものであり、その内容は、その人が潜在意識で考えていること(本心)と考えてよい。

目次

まえがき
1. 東大法学部の“看板”藤原教授守護霊に訊く
2. 「本心は隠す」のが学者の論法?
3. 安倍政権への「懸念」は何か
4. 「代表的学者」が使う高等戦術とは
5. 「南京事件」「従軍慰安婦問題」をどう見るか
6. 〝左翼的学者〟の「意外な本音」
7. 「日中戦争」の真相をどう見るか
8. 東大の「本郷」と「駒場」の関係
9. 「尖閣有事」にどう対処すべきか
10. 幸福の科学大学への「期待」
11.「ウクライナ問題」をどう見るか
12. 安倍首相への驚きの「本心」
13.「こんな宗教は、面白い」 
あとがき 

お客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

商品情報

危機の時代の国際政治

―― 藤原帰一東大教授守護霊インタビュー ――

・著者
大川隆法
1,540 円(税込)
・四六判 181頁
・発刊元
幸福の科学出版
・ISBN
978-4-86395-457-1
・発刊日
2014-05-01
・在庫
アリ
・発送日目安
1~3営業日後
ご注文が集中した場合は、出荷までに
お時間をいただくことがございます

・通常配送無料 詳細

数量:
カゴに入れる