TOP > 一般書他 > 一般書 > 政治・経済・時事問題 > いじめ地獄から子供を救え!

いじめ地獄から子供を救え!

・著者
リバティ編集部
・定価
1,080 円(税込)
・発刊元
幸福の科学出版
・ISBN
978-4-87688-567-1
・発刊日
2007-02-15
・在庫
アリ
・発送日目安
1~3営業日後
ご注文が集中した場合は、出荷までに
お時間をいただくことがございます

送料について

数量:
カゴに入れる

目次

第一部   教室の闇
第1章 いじめ隠ぺいが子供を殺す 7
第2章 これは犯罪だ! いじめの実態 37
    
ドキュメント 
     長崎県の小学校で、いじめ自殺未遂 38
     「毎日いじめで辱めを受けた。なのに、
    学校も教育委員会も助けてくれなかった」
    
インタビュー ●いじめ被害者の会代表 大澤 秀明
            いじめ犯罪を放置する恐るべき教育現場 44
  
    
第3章 恐るべき、からくり いじめ隠ぺいの構図 57
 
    1 被害者を悪者にして、いじめを消す悪魔のテクニック 58
 
    2 学校を私物化する校長の権限 73
    インタビュー●政策研究大学院大学教授 福井 秀夫
            独裁権力化する校長に厳しいチェックを 85
第二部   教室の闇を一掃するために
第4章 解決には、まず出席停止と懲戒処分を 91
 
    加害者リーダーを抑えれば、いじめは消滅する 92
   インタビュー ●弁護士・作家 中嶋 博行
          いじめは犯罪! 常に、殺人や自殺に行き着く可能性がある 97
第5章 教員出身者が多すぎて、学校側とかばい合い 教育委員会の根本改革を 115
 
    教育委員会の教員出身者は3分の1以下に制限を 116
第6章 文部科学省「いじめゼロ」指導方法の誤り 
    いじめを解決した教員・教育委員会を評価せよ 125
 
    いじめを正直に報告し、加害者の処罰と加担教師摘発の奨励を 126
    インタビュー ● 教育評論家 森口 朗
             加害者に優しい学校には、「いじめ半減」目標は逆効果 138
   インタビュー ● 教育アナリスト 戸田 忠雄
            学校の常識は、世間の非常識。「教育しがらみ共同体」解体に向けた改革を 153
第7章 規律重視の指導 日本の教育現場に「ゼロトレランス」方式を 175
 
    「寛容さなし」の厳しさで、教室に秩序を取り戻せ 176
    インタビュー ● 中京女子大学名誉教授 加藤 十八
             「ゼロトレランス」は、加害者を立ち直らせ被害者を救う 186
第8章 教育界浄化への特別提言 『いじめ処罰法』(原案)―大川隆法案― 199

お客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

数量:
カゴに入れる