TOP >大川隆法著作 > 「知の巨人」のその後―世界は虚無だったか―

  • 新着

「知の巨人」のその後―世界は虚無だったか―

・著者
大川隆法
1,540 円(税込)
・四六判 217頁
・発刊日
2021-07-16
・在庫
アリ
・発送日目安
1~3営業日後

・通常配送無料 詳細

数量:
カゴに入れる
この世だけがすべてだと
思っている現代人へ。


臨死体験や脳死問題を取材し、
死後の世界は脳の作用と結論づけた

ジャーナリストの立花隆氏。
その問題点から現代の学問と
ジャーナリズムの間違いを
明らかにし、
ほんとうに
大切な「知」を導きだす。


◇現代の「知」――
 唯物論的科学実証主義の虚妄
◇あの世界を認めない人間の
 死後の自己認識とは
◇嫉妬心の集合を「正義」と
 考えるマスコミの本質
◇田中角栄を追い詰めた背景は
 学歴信仰と嫉妬心?
◇間違った思想や信条で、
 多くの人びとに悪しき影響を
 与えて迷わせた者は、
 死後どうなるのか?


死後の世界は、厳然と存在する。
 これは、やがてくる
 あなた自身の姿かもしれない。】


公開霊言&リーディング
収録
1200回突破


■■ 立花隆の人物紹介 ■■
1940~2021年。評論家、ジャーナリスト、ノンフィクション作家。長崎県生まれ。1964年に東京大学仏文科卒業後、文藝春秋に入社し、「週刊文春」の記者となる。66年に退社し、東京大学哲学科に学士入学。その後、ジャーナリストとして活躍し、83年に菊池寛賞、98年に司馬遼太郎賞を受賞。著書に『田中角栄研究』『脳死』『臨死体験』などがある。「NHKスペシャル 臨死体験 立花隆 思索ドキュメント 死ぬとき心はどうなるのか」では、「臨死体験は脳の一部が見せている」などと紹介した。

目次

まえがき

1 立花隆氏の訃報が報じられた翌日に霊言を収録する
2 自身が死んだ自覚はあるのか
3 なぜ幸福の科学を訪れたのか
4 実際に体験した体外離脱について
5 知の巨人に「知的探究の姿勢」を問う
6 立花隆氏の価値観の根底にある「学歴信仰」と「宗教観」
7 訃報前に大川隆法が見た予知夢の真相
8 立花隆氏に欠けている「知的廉直さ」について
9 はたして死後の世界は「虚無」だったのか?
10 執着を捨て、改心できるのか
11 立花隆氏の霊言を終えて

あとがき

お客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

商品情報

「知の巨人」のその後―世界は虚無だったか―

・著者
大川隆法
1,540 円(税込)
・四六判 217頁
・発刊元
幸福の科学出版
・ISBN
978-4-8233-0279-4
・発刊日
2021-07-16
・在庫
アリ
・発送日目安
1~3営業日後
ご注文が集中した場合は、出荷までに
お時間をいただくことがございます

・通常配送無料 詳細

数量:
カゴに入れる