TOP > 大川隆法著作 > 仕事ができるとはどういうことなのか

仕事ができるとはどういうことなのか

・著者
大川隆法
・定価
1,620 円(税込)
・四六判 183頁
・発刊元
幸福の科学出版
・ISBN
978-4-86395-878-4
・発刊日
2017-02-15
・在庫
アリ
・発送日目安
1~3営業日後
ご注文が集中した場合は、出荷までに
お時間をいただくことがございます

送料について

数量:
カゴに入れる
目に見える「成果」を、
生みだす仕事の秘訣。


あなたと組織が発展するヒントが満載
□いい仕事は「水の如く、空気の如く」
□反発や批判を呼ぶ働き方と評判があがる働き方
□議論や目標管理が“無駄仕事”になる例
□組織の一人ひとりが「社長の目」を持つ
□「役所仕事」と「成果を生む仕事」のちがい
□「嫌われる勇気」の意外な落とし穴



トランプにみる、
 仕事ができる
 人間の条件とは?

目次

まえがき
第1章 仕事ができるとはどういうことなのか
第2章 できる社員の条件
あとがき

コラム

無駄をなくし、成果を上げる
仕事に対する常識が一変する書

 
コラム挿絵『仕事ができるとはどういうことなのか』
仕事ができるトランプとできないオバマの比較を読むと、「なるほど、仕事ができるとはこういうことだったのか」と、これまでの概念が変わるはずだ。「よりよい方向に目に見える形で結果を出す」ことが仕事の本質であり、そのためには、目標の数字合わせや長い会議などの無駄仕事をやめ、各人が経営者の意識を持つことが必要だとわかる。また、できる社員の見分け方、人材採用のポイントなどの質疑応答も収録。すぐ実践したくなる役立つ内容が満載だ。

お客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

  • 人の心をうまくつかむための、

    シンプルな考え方が理解できました。

    2017/06/15 東京都/30代/男性/会社員さんからの投稿 おすすめレベル:★★★★★

  • 大川隆法先生の著書は私には大きな活力を与えて下さいました。

    現在のトランプ大統領とオバマ前大統領の違い、人に寄って様々な意見があると思いますが今、大問題となっている北朝鮮の核、ミサイルに関わるニュースは深刻ですがトランプ大統領の決断力、実行力においては目を見張るものがあり、たいへん注目しています。

    2017/06/14 静岡県/50代/男性/会社員さんからの投稿 おすすめレベル:★★★★★

  • 赤線を引きながら読みました。

    途中、月刊誌のアンケートをメールで送って、再び読み返したら、冷や汗が。実際に組織で成果を上げようとすると、色々と配慮しなければならないのだと思いました。

    今後読みたいテーマとしては、「メールと国語力」を上げたいと思います。実際にメールで仕事をすると、メールには、仏教用語、宗教用語が少ない!!

    2017/04/14 三輪香織さんからの投稿 おすすめレベル:★★★★★

全て見る (件)
数量:
カゴに入れる