TOP > 大川隆法著作 > アメリカ合衆国建国の父 ジョージ・ワシントンの霊言

アメリカ合衆国建国の父 ジョージ・ワシントンの霊言

・著者
大川隆法
・定価
1,512 円(税込)
・四六判 99頁
・発刊元
幸福の科学出版
・ISBN
978-4-86395-844-9
・発刊日
2016-10-25
・在庫
アリ
・発送日目安
1~3営業日後
ご注文が集中した場合は、出荷までに
お時間をいただくことがございます

送料について

数量:
カゴに入れる
公開霊言 あの世からのメッセージ


米大統領選直前!
トランプか? ヒラリーか?
アメリカ建国の父が望む“選択”とは。

人種差別問題、経済対策、
そして対中・対露戦略――
初代大統領が考える、
“強いアメリカ”復活の条件。


▽黒人、ヒスパニック、イスラム系の人種差別問題
▽中露と中北を分断し、再び世界のリーダー国家へ
▽軍事縮小ではなく効率化――日韓に核装備の要請を
▽驚愕の新事実! トランプ候補に隠された魂の秘密


■■ ジョージ・ワシントンの人物紹介 ■■
1732~1799年。アメリカ合衆国の軍人、政治家。農園経営者の子として生まれ、自身も大規模な農園経営により富を築いた。1755年、イギリス植民地軍の司令官としてフレンチ・インディアン戦争で仏軍側と戦い、名を上げる。1775年のレキシントン・コンコードの戦い後、大陸会議にて大陸軍の総司令官に任命され、アメリカ独立戦争を戦う。総司令官辞任後は憲法制定議会の議長に選出。1789年、最初のアメリカ合衆国大統領選挙で初代大統領に選ばれ、連邦制の基礎を築いた。「アメリカ合衆国建国の父」と呼ばれ、現在も肖像画が紙幣に用いられ、首都、空母、大学等の名称にその名が使われている。

目次

はじめに
1 「アメリカ建国の父」ワシントン登場
2 米大統領選では、あの「正直者」を応援
3 現代アメリカの人種問題について
4 神が新文明を拓くのを手伝った
5 米国の中東・ロシア外交について
6 アメリカ経済と世界経済について
7 北朝鮮問題について
8 「アメリカの神」の秘密
9 過去世はインド、ヨーロッパ、アフリカの神
10 ドナルド・トランプとしての転生を明言

※本書は、英語で収録された霊言に和訳を付けたものです。

コラム

トランプとヒラリー
どちらが望ましい大統領か

 
コラム挿絵『アメリカ合衆国建国の父 ジョージ・ワシントンの霊言』
米大統領選を間近に控え、初代大統領であるG.ワシントンはどう考えるのか。キャプテン・アメリカとして、建国の意義から、新しい文明創造の使命を明らかにし、この大統領選が世界の命運を握ると語る。人種差別や移民問題、中国やロシアへの対応、北朝鮮への制裁、日本の国防など、国内外の諸問題の解決策を提示。トランプ候補が大統領になったら、日米ともに今後300年の繁栄が約束されるが、ヒラリー候補ならアメリカは世界の主導権を失うという。
結果はいかに?

お客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

  • 全て

    納得してしまう。

    2016/12/30 岩手県/40代/男性/会社員さんからの投稿 おすすめレベル:★★★★★

  • 今後の活躍に期待

    初代大統領は特別な使命を受けた特別な魂の方がなるんですね。その魂を持った人がまた大統領になり、今後の活躍を期待しています。

    2016/12/30 東京都/40代/女性/自営業さんからの投稿 おすすめレベル:★★★★★

  • 真実の世界

    幸福の科学は、もしかしたら真実の世界を伝えているのではないかと感じました。

    2016/12/08 兵庫県/40代/男性/会社員さんからの投稿 おすすめレベル:★★★★★

  • 小室直樹の霊言に「アメリカ経済を復興させ、中国に逆襲をかけ、とどめを刺す人が現れる」とある。

    まさか彼の口からトス神やヘルメス神の言葉が出てくるとは思いませんでした。マスコミの逆風が吹くなか、プーチンが援護するので互いに高級霊で共鳴しあうものがあるのだろうとは思っていましたが・・・。
    30年前の行為を持ち出して、貶めるマスコミの手法に、アメリカの劣化を感じるとともに、小室直樹の霊言に「アメリカ経済を復興させ、中国に逆襲をかけ、とどめを刺す人が現れる。」とあり、トランプのことを思わせる内容であり、某国の計略も感じます。

    2016/12/08 鳥取県/60代/男性さんからの投稿 おすすめレベル:★★★★★

全て見る (件)
数量:
カゴに入れる