TOP >大川隆法著作 > 鬼学入門

鬼学入門

黒鬼、草津赤鬼、鬼ヶ島の鬼の霊言

・著者
大川隆法
1,540 円(税込)
・四六判 383頁
・発刊日
2020-12-26
・在庫
アリ
・発送日目安
1~3営業日後

・通常配送無料 詳細

数量:
カゴに入れる
想像やフィクションを超えて――
鬼の実像に迫る。
鬼ブームの真相を探る。


なぜ、いま空前の鬼ブームが
日本で起こっているのか?

リーディングによって次々と
明らかになる驚愕の真相。
歴史や民俗学の通説をくつがえす
鬼の正体が、この一冊に。


〇ルーツは? 姿形の特徴は?
 行動原理は? そして目的は?
〇『鬼滅の刃』の大ヒットに
 隠された霊的な背景とは
〇天狗、妖怪、妖狐、悪魔……
 鬼との違いはどこにあるのか
〇神仏に帰依した鬼も存在する
 神と鬼との長い戦いの歴史とは
〇鬼退治と救世主とのつながり
 「桃太郎伝説」の真相も明らかに



■■ 黒鬼の人物紹介 ■■
闇夜を好み、黒鬼を自称する鬼。奈良に本拠地を持つ山のほうの種族。蜘蛛を使って糸を出し、糸を人の体に付けて操ることができると豪語する。「鬼滅の刃」を通して、自らの勢力の拡大を目論む。

■■ 草津赤鬼の人物紹介 ■■
地獄の執行官。エゴイストの人間を一喝する役割を持ち、生きているときに悪さをして逃げ延びた人間の自覚と反省を促す。草津には1200年前からかかわっているという。また、聖なる仕事をしている人たちに悪さをするものを処罰し、幸福の科学にも協力的である。

■■ 鬼ヶ島の鬼の人物紹介 ■■
桃太郎と戦ったとされる鬼。瀬戸内海にある島に根城を持ち、海を渡って人々から物をせしめていたが、桃太郎との戦いに敗れたことをきっかけに改心した。

目次

まえがき

第一部 黒鬼の正体に迫る ─黒鬼、草津赤鬼の霊言─
第1章 黒鬼の霊言
 1 黒鬼の姿とは
 2 「鬼滅の刃」を観るとどうなるか
 3 「鬼の元祖」を名乗る黒鬼の正体とは
 4 黒鬼の意図は「日本古来の宗教の復活」か
 5 黒鬼の持つ霊界観について
 6 「暗闇の世界」を望む黒鬼

第2章 草津赤鬼の霊言
 1 草津赤鬼に訊く黒鬼の正体とは
 2 日本に根づく信仰観の問題点

第二部 鬼霊界と桃太郎伝説の真相 ─鬼ヶ島の鬼の霊言─
 1 「鬼滅の刃」鑑賞後に現れた霊
 2 鬼の考えや姿形に迫る
 3 説話の「桃太郎」は実在したのか
 4 鬼の発生原因と桃太郎の正体
 5 天照信仰を弘める流れに敗れる
 6 鬼ヶ島の鬼の主張

あとがき

コラム

空前の鬼ブームの背景とは
いま日本人が知るべき鬼学

 
コラム挿絵『鬼学入門』
映画「鬼滅の刃」の公開を機に、鬼たちが著者の元に現れたため、急きょリーディングを敢行。作品にインスピレーションを与えた黒鬼、正義の鬼である草津の赤鬼、桃太郎伝説で有名な鬼ヶ島の鬼が、それぞれの立場から鬼の起源や系譜、実像などを語った。人間が鬼と化した霊的原因、鬼と天狗や妖怪との違い、いま鬼がブームになった理由――民俗学をくつがえす日本霊界の秘密が明かされると同時に、日本に根づく信仰観や現代の世相が浮かび上がる。

お客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

商品情報

鬼学入門

黒鬼、草津赤鬼、鬼ヶ島の鬼の霊言

・著者
大川隆法
1,540 円(税込)
・四六判 383頁
・発刊元
幸福の科学出版
・ISBN
978-4-8233-0234-3
・発刊日
2020-12-26
・在庫
アリ
・発送日目安
1~3営業日後
ご注文が集中した場合は、出荷までに
お時間をいただくことがございます

・通常配送無料 詳細

数量:
カゴに入れる