TOP > 大川隆法著作 > 公開霊言 ホーキング博士 死後を語る

公開霊言 ホーキング博士 死後を語る

・著者
大川隆法
・定価
1,512 円(税込)
・四六判 153頁
・発刊元
幸福の科学出版
・ISBN
978-4-8233-0023-3
・発刊日
2018-08-29
・在庫
アリ
・発送日目安
1~3営業日後
ご注文が集中した場合は、出荷までに
お時間をいただくことがございます

送料について

数量:
カゴに入れる
死とは? 魂とは? 
そして神とは――?

天才科学者が見た
「死後の世界」。


なぜ重い障害を患ったのか?
どうして偉大な功績を遺せたのか?
そして、死後はどうなっているのか?

肉体の死を迎えた
ホーキング博士が

霊になって3週間後に
語った衝撃の真相!



人間の魂は、「DNA」でも
 「脳の作用」でもない。
 科学の正しい発展と、
 神が実在するという真実のために。


○英語霊言 日本語対訳付き

目次

はじめに
1 死後3週間後に現れたホーキング博士の霊
2 死の自覚について訊く
3 ホーキング博士にとって「神」とは
4 宇宙人の存在は信じたくない
5 病気と闘った人生をふり返って
6 守護霊らしき存在とのコンタクト
7 「自由になりハッピー」と語るホーキング博士の霊
8 ホーキング博士の“未来予測”
9 ホーキング博士の霊言を終えて

コラム

世界的天才科学者は、
自分の死をどう認識しているのか

 
コラム挿絵『公開霊言 ホーキング博士 死後を語る』
「車椅子の天才科学者」として日本でも有名だったホーキング博士が2018年3月14日に亡くなった。その3週間後に収録された霊言である。生前から魂の存在を否定していた博士は、自身の死をどのように認識するのか。また、若くして病気になったこと、宇宙人の存在や神について語っている。この霊言の途中で、守護霊と思われる存在から「生は死であり、死は生である」と言われる場面も。本書を通して、生前に信仰を持つことがいかに大事か、あらためて実感させられる。

お客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

数量:
カゴに入れる