TOP > 大川隆法著作 > 公開霊言 > 政治家(海外) > 守護霊インタビュー 朴槿惠韓国大統領 なぜ、私は「反日」なのか

守護霊インタビュー 朴槿惠韓国大統領 なぜ、私は「反日」なのか

・著者
大川隆法
・定価
1,620 円(税込)
・四六判 379頁
・発刊元
幸福の科学出版
・ISBN
978-4-86395-445-8
・発刊日
2014-03-12
・在庫
アリ
・発送日目安
1~2営業日後

送料について

数量:
カゴに入れる
これが一国の大統領の心の中身なのか!?
「従軍慰安婦」問題、捏造の真相!

従軍慰安婦と安重根に固執する真の狙いとは?
反日・親中路線を強める告げ口外交の行方とは?
いま、悲劇の大統領の隠された「心の闇」に迫る。



 本書は二度にわたって、朴槿惠韓国大統領の守護霊にインタビューした記録である。二度やった理由は、各国の元首級の守護霊インタビューと比べると、内容と品性に欠けるものを感じたためである。霊言のクレディビリティ(信頼性)を維持するためにも再度真意を確認したかったのである。
 結果は、大統領の魂のきょうだいと言われる男性霊も女性霊も、ほぼ同じ内容を語っていた。日本人への恨み、つらみ、反発と、謝罪と賠償金の要求ばかりで、正直言って、残念であった。もう一段大統領としての品格と見識が欲しかったと思う。
 大学を首席で卒業して、五カ国語を話せるという才媛が、この程度の「歴史認識」しか持っていないのでは、日本人から尊敬されるのは難しかろう。韓国の教育レベルはまだまだ遅れており、世界から孤立している点では、北朝鮮と大差ないようである。
 (大川隆法「まえがき」より)

目次

まえがき
第1章 朴槿惠大統領の「反日」のルーツを探る
 1.  朴槿惠氏の守護霊が「訪問」
 2.  「米中韓同盟」で日本をやっつけたい
 3.  「日本は三兆円持ってこい」
 4.  「従軍慰安婦 」は〝たかり〟の材料
 5.  日本人を「慰安婦」にしてみたい 
 6.  「日本への恨み」のルーツは?
 7.  安重根との「深い関係」 
 8.  日本は「眠れるドラゴン」 
 9.  韓国も北朝鮮も「民族性は同じ」 
 10. 北朝鮮の暴発にどう対処するのか
 11. 過去世で「慰安婦」に関係していた?
 12. 朴槿惠守護霊の霊言を終えて
第2章 あらためて、朴槿惠大統領の「本心」を問う
 1.  前回の霊言の真実性を検証する
 2.  「日本への恨み」を繰り返す
 3.  「経済の創造」の驚くべき狙い
 4.  オバマ氏との会談で「言いたいこと」 
 5.  暗殺された母親を思い出すと「つらい…」
 6.  明らかになる「反日のルーツ」 
 7.  韓国は中国に呑み込まれるのか
 8.  貴族社会と賄賂は「当たり前」  
 9.  二度の「朴槿惠守護霊霊言」を終えて
あとがき

コラム

「慰安婦像の撤去に3兆円支払え!」
「反日」は過去世の魂の衝動か!?

 
コラム挿絵『守護霊インタビュー 朴槿惠韓国大統領 なぜ、私は「反日」なのか』
世界中に「告げ口外交」をくり返す朴槿惠韓国大統領には、一国のトップとしての品位を疑いたくなる。日本への個人的な恨みでもあるのだろうか。そこで過去世を探っていくと、日韓併合時代の「安重根」や「慰安婦」と関係した驚くべき真相が発覚。また、理不尽な「謝罪」と「賠償金」要求の背景には、深刻な不況と北朝鮮崩壊への危機感がある。それならばなおのこと、素直な心で日本に協力を求めることが、韓国の未来をひらく外交の姿ではないだろうか。

お客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

  • これが真実ならば

    朴大統領を許すわけにいかない。
    そして韓国の未来が危うい。
    しかし、幸福の科学は、
    まだ誰も言っていないときから
    韓国への鐘を鳴らし、
    マスコミが嫌韓になると
    救韓論へと進んでいる。
    その先見性たるや凄いと思う。

    2014/03/11 ジパングさんからの投稿 おすすめレベル:★★★★★

全て見る (件)
数量:
カゴに入れる