TOP > 大川隆法著作 > 公開霊言 > マスコミ人 > NHKはなぜ幸福実現党の報道をしないのか

NHKはなぜ幸福実現党の報道をしないのか

受信料が取れない国営放送の偏向

・著者
大川隆法
・定価
1,512 円(税込)
・四六判 185頁
・発刊元
幸福の科学出版
・ISBN
978-4-86395-252-2
・発刊日
2012-10-02
・在庫
アリ
・発送日目安
1~2営業日後

送料について

数量:
カゴに入れる
反日デモや反原発は報道し、
国防運動や原発推進は黙殺する―――。

NHKは、いつから
中国の国営放送になったのか!?


誰が決める?国営放送の報道基準
▽3年前から国防の危機を訴えてきた幸福実現党を黙殺
▽「反日デモ」「反原発」は報道し、その反対の主張は報道せず
▽中国の国営放送の支局がNHKセンター内に存在する意味

目次

第1章 NHK放送総局長・石田研一氏守護霊インタヴュー
1 なぜ、NHKは「反日的報道」をしたがるのか
2 国政選挙にからむ「マスコミの談合」
3 マスコミが中国に屈する理由
4 偏向報道に関する「言い訳」
5 保守勢力が強くなってきた理由
6 「みなさまのNHK」は本当なのか
7 NHKが描く「日本の未来」
8 NHKにとっての「ライバル」とは

第2章 NHK報道局長・森永公紀氏守護霊インタヴュー
1 あらためて「幸福実現党を報道しない理由」を問う
2 幸福の科学に対する率直な感想
3 「中国の脅威」をどう捉えているのか
4 NHKに「企業家精神」は不要なのか
5 もうすぐ「幸福の科学の時代」が来る

お客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

  • 自己の矛盾に気づいてるんだろうけど

    「NHKに責任はない」としつつも
    「幸福実現党は(自分らに都合良く)踊らないから報道しない」と言ってるのは
    矛盾してるって自覚はどれくらいあるのやら。
    その傲慢さはいったい、何に裏打ちされてるのか。

    2012/10/09 うああさんからの投稿 おすすめレベル:★★★★★

  • 受信料かえせ!

    と言いたくなる。

    国営放送としての公平性を持たないなら
    NHKに受信料を取る資格はない。

    戦後67年あまり、そろそろ
    日本も自立したほうがいいと思う。

    2012/10/05 アングリーさんからの投稿 おすすめレベル:★★★★★

全て見る (件)
数量:
カゴに入れる