TOP > 大川隆法著作 > 公開霊言 > 政治家の正義と徳 西郷隆盛の霊言

政治家の正義と徳 西郷隆盛の霊言

・著者
大川隆法
・定価
1,512 円(税込)
・四六判 203頁
・発刊元
幸福の科学出版
・ISBN
978-4-86395-805-0
・発刊日
2016-06-28
・在庫
アリ
・発送日目安
1~3営業日後
ご注文が集中した場合は、出荷までに
お時間をいただくことがございます

送料について

数量:
カゴに入れる
この胆力!この言魂!
日本の内憂外患を打破する、
あの世からの
緊急メッセージ。


▽情報操作や問題の先送りで
 国民を欺く安倍政権に苦言
▽財政赤字をつくった政治家は
 全員クビ、追放権の検討を
▽オバマは非核化宣言を、
 北朝鮮と中国ですべきだった


こんな国にするために
維新を起こしたのではない――

日本よ、正義を貫く国家となれ。

■■ 西郷隆盛の人物紹介 ■■
1827~1877年。幕末・明治初期の武士、政治家。薩摩藩士。第二次長州征伐以後、倒幕運動の指導者となり、薩長同盟を成功させたほか、王政復古を実現させ、江戸城を無血開城に導いた。維新後は、新政府の参議・陸軍大将となったが、1873年に、征韓論に関する政変で下野し、帰郷。1877年、西南戦争に敗れ、城山で自刃した。大久保利通、木戸孝允と共に「明治維新の三傑」と称される。

目次

まえがき
1 六年ぶりに西郷隆盛の霊に日本の政治を訊く
2 財政赤字の原因となっている今の国会
3 維新の理想だった「四民平等」は実現しているのか
4 「アベノミクス」による株価操作に感じる“腐敗臭”
5 伊勢志摩サミットは失敗だった! ?
6 オバマ大統領の広島訪問をどう見るか
7 西郷隆盛が語る「現代の攘夷論」
8 日本に必要な「正義」と「宗教観」
9 今、人類の「新しい世紀」が始まっている
10 正義の実現には「力の担保が要る」
11 幸福実現党への叱咤激励
12 六年前より切迫した意識だった西郷隆盛の霊
あとがき

コラム

“自民党幕府”を倒す秘策
西郷隆盛、6年ぶりの降臨!

 
コラム挿絵『政治家の正義と徳 西郷隆盛の霊言』
巨額の財政赤字と外敵の脅威――幕末と似た現代の国難を、あの西郷隆盛ならどう打開するのか。まずは、赤字をつくった国会議員を全員辞職させ、同じ議員が再び当選できないよう、国民に“追放権”を与えることを進言する。そして、サミットで隣国の脅威を発信できず、オバマに原爆投下の謝罪もさせられなかった安倍総理を一喝。「北のミサイル実験が成功したら日本は終わる。いまこそ攘夷論が必要」と訴える。維新を成した英雄の気概に満ちた一冊。

お客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

  • 確信に満ち、本質をとらえている。

    オバマについて「ただの噓つき男」コメント。核廃絶の嘘&ベトナムの武器供与、ノーベル賞に対して「嘘委員会」発言。確信に満ち、本質をとらえている。

    2016/12/09 沖縄県/60代/男性/農業さんからの投稿 おすすめレベル:★★★★★

  • 幸福実現党、応援してます!!

    ほんとうに今の日本の政治はどうにかしなければと痛感しました。幸福実現党、ほんとうに頑張って下さい!!応援してます。

    2016/09/02 福岡県/60代/男性/パートさんからの投稿 おすすめレベル:★★★★★

全て見る (件)
数量:
カゴに入れる