TOP > 大川隆法著作 > 公開霊言 > 政治家・官僚(国内) > 台湾と沖縄に未来はあるか?

台湾と沖縄に未来はあるか?

守護霊インタヴュー 馬英九台湾総統 vs. 仲井眞弘多沖縄県知事

・著者
大川隆法
・定価
1,512 円(税込)
・四六判 172頁
・発刊元
幸福実現党
・ISBN
978-4-86395-193-8
・発刊日
2012-04-11
・在庫
アリ
・発送日目安
1~2営業日後

送料について

数量:
カゴに入れる
「尖閣は中国領」と宣言した中国が、
 次に狙うのは―――?


大国に見捨てられた台湾。日本の犠牲になった沖縄。
台湾と沖縄―――両トップの「怨み節」に、
日本政府と国民はどう応えることができるのか!?


いま問われる、日本の決意。


<馬総統・守護霊>
▽沖縄から米軍が撤退したら、中国への対抗策はない
▽日本は頼りない。「台湾は国だ」と宣言すべき

<仲井眞知事・守護霊>
▽「地方分権」の盛り上がりは中国の日本崩壊作戦のひとつ
▽基地反対運動には、中国から資金も工作員も入っている

目次

第1章 台湾総統・馬英九氏守護霊インタヴュー
第2章 沖縄県知事・仲井眞弘多氏守護霊インタヴュー

コラム

中国が狙う
ふたつの島を守れ

 
コラム挿絵『台湾と沖縄に未来はあるか?』
台湾と沖縄が中国に吸収合併されたら、日本が中国の植民地になるのは時間の問題となる。そこで、外交上日本の命運を握る二人の指導者の守護霊インタヴュ―を敢行。そこには大国に見捨てられた台湾の苦悩と、本土の犠牲になった沖縄の恨み節があった。中国の工作が進むふたつの島の現実から、日本の国防危機が、より鮮明に浮かび上がってくる。

お客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

  • オスプレイに関して

    安全性を問題視しているが
    その背後に中国を感じるのは
    私だけだろうか?
    仲井眞知事が、ほんとうに
    沖縄の未来を考えているとは
    思えない。

    2012/08/08 疑問符さんからの投稿 おすすめレベル:★★★★★

  • 感情論を超えて

    歴史や現状によって押さえられない
    国民感情や県民感情があるのはわかる。
    しかし国家運営や外交問題は
    感情論を超えた世界である。
    民主主義がポピュリズムによって
    停滞もしくは衰退する姿を見たくはない。

    2012/06/13 愛国心さんからの投稿 おすすめレベル:★★★★

  • 馬さんは時の方だと思います。

    中国がなぜ台湾をとりたかったのか今頃分かった気がします。

    2012/06/07 30代さんからの投稿 おすすめレベル:★★★★

  • 本当に

    霊人の発言がありのまま、事実と書いているのかな?
    編集者によって偏ったものはないだとうかと思ってしまう。
    UFO、宇宙人関係の本を今後、読んでみたい。

    2012/05/29 40代・パートさんからの投稿 おすすめレベル:★★

  • あきれる仲井眞知事

    昨日4月28日、フィリピンのスカボロー岩礁で中国の監視船が
    フィリピン沿岸警備隊の艦船に高速接近で威嚇行動したそうだが、
    フィリピンへの大規模投資話をもちこんで喜ばして、いくらもたたない期間だ。
    おそらく沖縄、尖閣にも同じパターンでやってくる。
    仲井眞知事は完全に中国に釣られているので決行は早まっている。
    この本を読むとそういうことが予想される。非常に参考になる。得難い情報だ。

    2012/04/29 シーサーJAPANさんからの投稿 おすすめレベル:★★★★★

  • インタビュアー次第

    インタビュアー次第で引き出せる情報の質が大きく違うことを明らかにしたと思う。共和党顧問の人はさすがだと思った。この本以外にも、インタビュアーの力不足や準備不足を感じることがあったが、これも含めての「公開霊言」だし、招霊された方の自由意志もあるわけだから、霊言シリーズがいつも有益な情報に満ち溢れてるとは限らないことを改めて認識した。

    2012/04/13 うああさんからの投稿 おすすめレベル:★★★

全て見る (件)
数量:
カゴに入れる