平和への決断

国防なくして繁栄なし

・著者
大川隆法
・定価
1,620 円(税込)
・四六判 256頁
・発刊元
幸福実現党
・ISBN
978-4-86395-109-9
・発刊日
2011-06-02
・在庫
アリ
・発送日目安
1~2営業日後

送料について

数量:
カゴに入れる
日本危うし! 
憲法9条では、日本の平和は守れない。

大震災の混乱に乗じて、日本の領空・領海で
軍事的挑発をくり返す周辺国。
あなたの想像を超えて、国防の危機は迫っている。
いまのままで、尖閣は守れるのか。沖縄は守れるのか。
そして、日本は守れるのか―――。



〇平和を愛さない諸国に憲法9条を適応すべきではない
〇「地方主権」重視「日米同盟」軽視の危険性
〇山本五十六・吉田茂・岸信介の功罪、そして安保闘争やマスコミ
 思想のルーツ・丸山眞男の問題点を明らかに

目次

第一部 日米安保と太平洋戦争の真実
第1章 日米安保改定をめぐる「決断」
第2章 太平洋戦争の勝敗を分けたもの
第3章 国防と平和に関する対話[質疑応答]

第二部 真の世界平和を目指して
第4章 国境を守る人々へ
第5章 この国を守る責任
第6章 平和への決断

コラム

「平和憲法」は日本を
護ってくれない。

 
コラム挿絵『平和への決断』
「『宗教家が国を守れ』と主張するのは、戦争をしたいからではなく、国民を護りたいからである」とまえがきにある。本書では、太平洋戦争における日本の軍事思想や敗戦、そして日米安保の正当性などを総括。中国の軍備拡大や北朝鮮の核開発で緊張が高まるなか、憲法9条の改正と日米安保の堅持が、この国を護る要になると指摘する。さらに、時代が激変したいまも左翼思想を信奉するマスコミに対しても苦言を呈す。

お客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

数量:
カゴに入れる