TOP > 大川隆法著作 > 公開霊言 > 哲学者・科学者 > ヘーゲルに聞いてみた

ヘーゲルに聞いてみた

ドイツ観念論哲学の巨人が「現代」を語る

・著者
大川隆法
・定価
1,620 円(税込)
・四六判 193頁
・発刊元
幸福の科学出版
・ISBN
978-4-86395-625-4
・発刊日
2015-01-09
・在庫
アリ
・発送日目安
1~2営業日後

送料について

数量:
カゴに入れる
唯物論をとるか? 真理をつかむか?
その踏み絵が「学問」である。

大学教育、国際情勢、人口問題、
男女平等、知識社会の未来――
観念論哲学を体系化した「知の巨人」が、
現代の学問や政治について縦横無尽に語った。



難解なヘーゲル哲学が
こんなにもわかりやすく!

「現代の哲学とは何か」――
その本質を探究する衝撃の書!


■■ ゲオルク・ヴィルヘルム・フリードリヒ・ヘーゲルの人物紹介 ■■
1770~1831年。ドイツの哲学者。ドイツ観念論哲学の大成者。ハイデルベルク大学正教授後、ベルリン大学正教授を経て総長となる。自然・歴史・精神の世界を「弁証法」的発展の過程として捉え、哲学のあらゆる分野を網羅的に論じ、同時代のみならず後世にも大きな影響を与えた。主著に『精神現象学』『大論理学』『エンチクロペディー』『法哲学』等。


【大学シリーズ NO.80】

目次

まえがき
1 観念論哲学の完成者・ヘーゲルに「現代の問題」を聞いてみる
2 ヘーゲルに「現代の大学」はどう見えるか
3 「学問の本質」とは「二種類の人間を分ける“踏み絵”」
4 「観念論」は映画館の“ポップコーン”みたいなもの
5 「霊言」と「哲学」との“主従関係”とは
6 現代に「英雄」は存在するのか
7 ヘーゲルに聞く「日本の問題点」と「未来の行方」
8 現代の家庭、現代の女性の生き方について
9 「時間を潰す」「時間を活かす」という二つが対立する時代へ
10 ヘーゲルから現代の若者たちへのメッセージ
11 ヘーゲルの霊言を終えて
あとがき

お客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

  • 感激です。

    待ちに待ったヘーゲル。感激です。とにかくヘーゲルがでたこと自体すばらしい。

    2014/12/19 kanthegelさんからの投稿 おすすめレベル:★★★★★

全て見る (件)
数量:
カゴに入れる