TOP > 大川隆法著作 > 公開霊言 > 哲学者・科学者・思想家 > マックス・ウェーバー「職業としての学問」「職業としての政治」を語る

マックス・ウェーバー「職業としての学問」「職業としての政治」を語る

・著者
大川隆法
・定価
1,620 円(税込)
・四六判 157頁
・発刊元
幸福の科学出版
・ISBN
978-4-86395-624-7
・発刊日
2015-01-09
・在庫
アリ
・発送日目安
1~2営業日後

送料について

数量:
カゴに入れる
学問はどうあるべきか。
政治は何をなすべきか。


経済学、政治学、歴史学、宗教学……
あらゆる学問に通じる社会学を完成させた
近代ドイツの天才が、現代人にメッセージ。



難解なウェーバー社会学の
全体像と真意がわかる!
学問や政治の進むべき未来が見える!

▽ウェーバーが目指した「諸学の統合」とは
▽学問の専門分化による問題点と改善策
▽政治家には、経営者同様の結果責任が伴う
▽民主主義を超える社会システムはありうるか


■■ マックス・ウェーバー〔ヴェーバー〕の人物紹介 ■■
1864~1920年。ドイツの社会学者・経済学者。近代における社会科学の方法論を確立し、論文「プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神」をはじめ、「儒教と道教」「ヒンドゥー教と仏教」「古代ユダヤ教」など、宗教と社会との関係を論じた第一人者。主な著書は、『職業としての学問』『職業としての政治』『宗教社会学論集』等。


【大学シリーズ NO.79】

目次

まえがき
1 ドイツの社会学者マックス・ウェーバーを招霊する
2 マックス・ウェーバーの社会学とは何だったのか
3 「諸学問の統合」は可能か
4 「学者」と「宗教家」の使命の違いについて
5 現代の「エポケー(判断中止)」の風潮をどう見るか
6 政治家が持つべき心構えについて
7 マスコミの役割について
8 マックス・ウェーバーの魂の役割とは
9 マックス・ウェーバーの霊言を終えて
あとがき

お客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

数量:
カゴに入れる