TOP > 大川隆法著作 > 公開霊言 > 新宗教・スピリチュアル > 日本民俗学の父 柳田國男が観た死後の世界

日本民俗学の父 柳田國男が観た死後の世界

・著者
大川隆法
・定価
1,512 円(税込)
・四六判 195頁
・発刊元
幸福の科学出版
・ISBN
978-4-86395-508-0
・発刊日
2014-08-12
・在庫
アリ
・発送日目安
1~2営業日後

送料について

数量:
カゴに入れる
河童、天狗、仙人、鬼……
“妖怪ウォッチャー”が語る
異次元世界の真相―――。

妖怪伝説や心霊現象を学問化した
民俗学の創始者にインタビュー。
この一冊が21世紀の『遠野物語』となる。



変わりゆく時代の中で、日本民族学が
守ろうとした素朴な信仰心の大切さとは?
そして、死後に研究する「最新妖怪事情」とは?


失われゆく日本の原風景に
異次元世界への扉がある。

目次

まえがき
1 日本民俗学の父・柳田國男を招霊する
2 「民族学」と「左翼思想」の意外な接点
3 「神隠し」や「河童」について語る
4 宗教を「民俗学」という“記念館”に保存した
5 あの世から「大川隆法の研究」をしている
6 「天狗・仙人・妖怪」が人間に転生したら?
7 怪談話や心霊現象は「大衆布教」につながる
8 柳田國男の過去世は「国学の大家」だった!
9 「大川隆法学」からさまざまな学問が生まれる
10 柳田國男の霊言を終えて
あとがき

お客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

  • 妖怪の世界は唯物論の対極にある。

    日本には、“心の教え”が不足していると感じた。

    2015/08/12 福岡県/30代/男性/教員さんからの投稿 おすすめレベル:★★★★★

全て見る (件)
数量:
カゴに入れる