TOP > 大川隆法著作 > 公開霊言 > 新宗教・スピリチュアル > ドラキュラ伝説の謎に迫る

ドラキュラ伝説の謎に迫る

ドラキュラ・リーディング

・著者
大川隆法
・定価
1,512 円(税込)
・四六判 205頁
・発刊元
幸福の科学出版
・ISBN
978-4-86395-595-0
・発刊日
2014-11-12
・在庫
アリ
・発送日目安
1~2営業日後

送料について

数量:
カゴに入れる
実在するのか? 象徴か?
まだ、誰も知らない
ヴァンパイアの正体。


小説『ドラキュラ』の作者ブラム・ストーカー、
ドラキュラ伯爵のモデルとされるヴラド3世。
二人のリーディングから明らかになる
「吸血鬼伝説」の成り立ちと霊的真相とは?



なぜ、欧米ではヴァンパイアが流行するのか?
神秘のパワーによって、
吸血鬼の霊的真相を解明する!


■■ ブラム・ストーカーの人物紹介 ■■
1847~1913年。アイルランド人の作家。本名は、エイブラハム・ストーカー。当時イギリス領だったアイルランドの首都ダブリンに生まれる。病弱で七歳まで歩けなかったという。子供の頃から、怪奇物に興味を持ち、神秘学や黒魔術に傾倒。演劇の劇団マネージャーを務めるかたわら、執筆活動を続け、50歳のとき、怪奇小説『ドラキュラ』を発表し、一大センセーションを巻き起こした。ほかに多数の怪奇小説と『有名詐欺師伝』等がある。

■■ ヴラド三世の人物紹介 ■■
1431~1476年。ルーマニアのワラキア公国の君主。トランシルヴァニア地方シギショアラに生まれる。オスマン帝国の侵攻に対して奇襲とゲリラ戦法で抵抗するも、最後は戦いのなかで戦死した(暗殺説もある)。残酷な刑罰を好み、串刺しを多く用いたことから「串刺し公」の異名を持つ。小説『ドラキュラ』のモデルの一人と言われている。

目次

まえがき
第1章 小説『ドラキュラ』の作者、ブラム・ストーカーの霊言
 1 欧米でヴァンパイアが流行る「霊的根源」を探る
 2 なぜ人間の血を飲むのか
 3 その「魂の素性」を調べる
第2章 ドラキュラ伯爵のモデル、ヴラド三世の霊言
 1 ヴァンパイアのルーツとは?
 2 黒魔術霊界とのかかわり
 3 地球に飛来した目的
 4 「政治」や「宗教」に及ぼしている影響
 5 ヴラド三世の正体に迫る
 6 検証のため、白魔術系の霊人を招霊する
 7 ドラキュラ・リーディングを終え
あとがき

お客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

数量:
カゴに入れる