TOP > 大川隆法著作 > 公開霊言 > 経営者・経済人 > 「宮崎駿アニメ映画」創作の真相に迫る

「宮崎駿アニメ映画」創作の真相に迫る

・著者
大川隆法
・定価
1,512 円(税込)
・四六判 247頁
・発刊元
幸福の科学出版
・ISBN
978-4-86395-374-1
・発刊日
2013-08-20
・在庫
アリ
・発送日目安
1~2営業日後

送料について

数量:
カゴに入れる
守護霊インタビュー
次つぎとヒット作を創りだす秘密から、
監督の映画観、人生観、政治観まで。

アニメ界の巨匠の知られざる本質に迫る!


 宮崎氏のメガヒットの秘密を探ってみたかった。インスピレーション元である魂のルーツを探れば、創作の真相がある程度はわかるのではないかと考えた次第である。北朝鮮が核保有国であることを宣言し、中国海軍が日本列島をゆうゆうと周遊している時に、別の意図をもった人たちに宮崎アニメを政治利用されたくないと思っている。子供たちの夢のままで終わってほしい。
 最新作の「風立ちぬ」も名作だろう。私も、もう少しで泣きそうになった。ご長命、ご活躍が続くことを祈っている。  
(大川隆法「まえがき」より)


■■ しゅ・ご・れい【守護霊】 ■■
人間の潜在意識のことで、あの世から地上にいる人を守る過去世の魂。タテマエではない本音を語る性質がある。

目次

まえがき
1 宮崎駿氏の「創作の源流」を探りたい
2 「最後の作品」に関する本音
3 その「霊感」の秘密
4 なぜ今、「風立ちぬ」なのか
5 理想とする「宗教観」
6 自虐史観と「中国」への思い入れ
7 次々と明かされる「過去世」
8 「魔法」についての見解
9 政治利用されないことを望む
あとがき

お客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

  • 宮崎アニメの功罪

    上質なファンタジーで観る者に
    夢を与えてくれる宮崎駿。
    その一方で戦後左翼とアニミズムに
    染まった思想性。
    著者が言うように子供の夢を
    政治的に利用されないことを望む。

    2013/08/20 アシタカ石器さんからの投稿 おすすめレベル:★★★★★

全て見る (件)
数量:
カゴに入れる