TOP > 大川隆法著作 > 公開霊言 > 政治家(海外) > 潘基文国連事務総長の守護霊インタビュー

潘基文国連事務総長の守護霊インタビュー

・著者
大川隆法
・定価
1,512 円(税込)
・四六判 201頁
・発刊元
幸福の科学出版
・ISBN
978-4-86395-403-8
・発刊日
2013-10-30
・在庫
アリ
・発送日目安
1~3営業日後
ご注文が集中した場合は、出荷までに
お時間をいただくことがございます。

送料について

数量:
カゴに入れる
「私が考えているのは、
 韓国の利益だけだ。

 次は、韓国の大統領になる」


中立性なき潘氏は国連トップとして適任か!?
その驚くべき本心と国連の問題点を明らかに。


▽日本に対する歴史認識発言の真意とは?
▽シリア問題や世界の危機的問題をどう考えている?
▽韓国がアメリカで慰安婦問題をひろげる目的とは?


日本よ、これ以上
韓国や中国からの
不当な歴史認識攻撃を許すな!


【英語で語られたメッセージを日本語訳付きで収録】

目次

はじめに
1  潘国連事務総長の守護霊を招霊する
2 「潘氏本人と意見は同じではない」と強調する守護霊
3  米露の陰で国連は「無力である」
4  事務総長の存在意義は「資金を集めること」
5  安保理常任理事国の拡大は「ノー」
6  日本人の存在自体が「世界の大災害」
7  世界経済のことは「自分には分からない」
8  韓国と中国が協力して日本の「危険な」政府を変えたい
9  アメリカでの慰安婦問題推進の目的は 「韓国が常任理事国になるため」
10 国連は設立当初から「公平な機関ではない」
11 国連のオーナーであるアメリカのことは批判できない
12 私にはリーダーシップなんかない
13 事務総長とは「秘密総長」である
14 拉致人数と、南北朝鮮で戦争が起きた場合の死者数を比較
15 私は韓国の利益だけを考えている「調整者」
16 日本人は自分たちや父祖の罪を考えよ
17 潘氏と統一協会の関係について
18 私は意思決定をするリーダーではない
19 安倍氏は靖国神社を壊すべき
20 我々は決して日本人を許さない
21 過去世は「ガンジーかキリストか仏陀」?
22 あくまで「中立」を主張。次の使命は「韓国大統領」 
23 「潘国連事務総長の守護霊インタビュー」を終えて

コラム

公平中立は大いなる幻想!
日本を攻撃する韓国人事務総長の実態。

 
コラム挿絵『潘基文国連事務総長の守護霊インタビュー』
2007年、候補のなかで、もっとも遠いといわれた韓国人が国連事務総長に就任した。案の定、シリアの化学兵器や北朝鮮の核兵器問題では無能ぶりをさらけ出し、歴史問題では韓国の立場で日本に注文をつけて世界のひんしゅくを買った。「歴代最悪」とも評されるこの潘事務総長とは、どんな人物なのか。守護霊インタビューで語られたのは、「祖国・韓国の利益だけ」だった。世界のリーダーとは思えない驚くべき本心と、中立性とはかけ離れた国連の虚実を暴く。

お客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

数量:
カゴに入れる