TOP > 大川隆法著作 > 公開霊言 > 政治家(海外) > 原爆投下は人類への罪か?

原爆投下は人類への罪か?

公開霊言 トルーマン&F・ルーズベルトの新証言

・著者
大川隆法
・定価
1,512 円(税込)
・四六判 253頁
・発刊元
幸福実現党
・ISBN
978-4-86395-349-9
・発刊日
2013-06-25
・在庫
アリ
・発送日目安
1~2営業日後

送料について

数量:
カゴに入れる
あの悲劇から68年―――
原爆投下の真相が、ついに明らかになる!

終戦間際の戦意なき日本に、
なぜアメリカは2発の原爆を投下したのか!?
当時の驚くべき真相を、2人の米大統領が語る。


 もうすぐまた、あの暑い夏が巡ってくる。先の大戦をめぐっての、悲喜こもごもの善悪論が蒸し返されることだろう。
 本当に日本はファシズム全体主義国家で、正義の大国アメリカが、悪しき野望を二発の原爆で打ち砕いたのだろうか。それとも原爆投下が非人道的で、人類への罪にあたるため、それを取りつくろうために、ありもしない南京三十万人大虐殺事件や、従軍慰安婦問題をでっちあげ、日本をナチスばりのホロコースト国家に仕立て上げたかったのか。
 ここに、原爆投下命令を下した米トルーマン大統領と、開戦大統領F・ルーズベルトの霊言を公けにする。歴史への新証言である。
(大川隆法「まえがき」より)

目次

まえがき
第1章 原爆投下に対する弁明
    ─トルーマン元大統領の霊言─
 1 「原爆投下の責任」を探究する
 2 原爆投下を命じた理由
 3 日本人に対する差別意識
 4 「ファシズム対民主主義」は真実か
 5 東京裁判・日本国憲法・靖国参拝について
第2章 世界最強国としての誇り
    ―F・ルーズベルト元大統領の霊言―
 1 太平洋戦争開戦に至る経緯
 2 原爆投下についての見解
 3 「アメリカの栄光の歴史」に見る傲慢
 4 F・ルーズベルトの「霊的本質」
 5 「アメリカの神」としてのプライド
あとがき

コラム

終戦間際に、2度も原爆を
日本に投下した驚愕の真相とは!?

 
コラム挿絵『原爆投下は人類への罪か?』
「民主主義」対「ファシズム」、「神」対「悪魔」の戦いと喧伝される日米の戦争。本書では当時の真相を知るトルーマンとF・ルーズベルトを招霊し、歴史の真実を探っていく。二人の証言により、アメリカが用意周到に日本を開戦に追いこんだこと。人種差別による原爆投下を正当化するために、日本を「悪魔の国」とPRし、南京大虐殺の捏造に加担したことも判明! いまの中韓の反日は、アメリカにとっても好都合であることを忘れてはならない。

お客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

  • 左翼平和の限界

    世界で唯一原爆を落とされた
    日本は、絶対に核を持たない。
    この美しい言葉に不思議な矛盾を
    感じていたのは私だけではないでしょう。
    著者が語るように戦後を終わらせ
    日本が自立した国家となるためには
    先の大戦をうやむやにしては
    いけないのだと思います。

    2013/06/25 30代/書店員さんからの投稿 おすすめレベル:★★★★★

全て見る (件)
数量:
カゴに入れる